アイシングの効果と実施方法

アイシングの効果

・アイシングの主たる効果は炎症を抑えると言う事です。炎症が起きている部分は組織が損傷されており、その修復の為に熱が発生します。それが炎症の原理となります。炎症が発生し続けていると、損傷している部分は炎症反応により酸素量が低下してしまいます。組織の修復には酸素が必要不可欠となります。そのため、早く炎症を鎮めるためにもアイシングは重要な役割をになっています。

・炎症を抑える、痛みを和らげる、血流を減少させるがアイシングの主な効果となります。

アイシングの実施方法

・アイシングのおこなう際に重要な事は時間と圧迫です。

時間とはアイシングをするタイミングのことで、受傷後72時間が炎症期といわれる期間になりますので、その時期の場合は積極的にアイシングをおこないます。ケガでも腰痛や野球肩など運動後、仕事後に痛みが増す、もしくは仕事中や練習中に痛みが発生する場合は仕事、練習後2時間以内におこなう事が理想的です。

また、アイシングをおこなう時間は20分間です。20分間以上おこなうと全身の血流が低下し酸素のいきわたりがわるくなるため20分間おこないます、20分以下では冷却効果が薄くなりますので20分間計測しておこないましょう。

また、時間と同様に重要なことは圧迫です、圧迫することで皮膚に密着し、冷却効果を深部まで効率的に届ける事ができます。タオルやサランラップなどで巻き付けながらおこなってください。

アイシング