足底アーチのリハビリについて

足裏アーチについて

足の裏は土踏まずの部分が少しえぐれた形で高くなっていると思いますが、この部分が筋肉や骨の形で形成されています。この部分は体重がかかっても通常つぶれることはないのです。

アーチはクッションのような役割をしているため、アーチが減少することにより、足の筋肉などに負担を掛けやすくなり、スポーツ障害の原因となります。

足裏アーチトレーニング方法

よく銭湯などにありそうな、竹踏みなどがあればベストですが、なかなか自宅にあるという方は少ないと思いますので、バスタオルを固く丸めてもらっても結構です。

その上に土踏まずを中心に両足で乗り、ハーフスクワットをおこないます。こうする事でアーチを形成している筋肉や骨に刺激が与えられアーチが再形成されていきます。できればお風呂上がりなど血行が良い状態でおこなってください。

ハーフスクワットは10回〜20回おこない、足の裏に体重がかかっている事を意識しながらおこないます。

ハーフスクワットをおこなう際、自分の膝がつま先より前にでていると膝に負担がかかりますので注意してください。