野球外傷について

野球外傷の対する実績と経験による確かな治療を提供致します。

当院が何故野球に詳しいのか

当院が野球に詳しい理由は私自身が幼少期より野球をおこなっていた事が始まりです。茅ヶ崎市が地元のため松浪スポーツ少年団から中学はシニアリーグ、その後は高校での甲子園を目指すため県外にて寮生活をおこない部活に励みました、高校卒業後はスポーツトレーナー専門学校へ進学しました。幼少期より野球に親しむ環境もあり仕事に経験を活かせればと考え院内をはじめ、高校野球や地域中学野球部、クラブチームなどのスポーツ現場へ出向きメディカルトレーナーとして様々な活動をおこなっております。その現場で得た知識や経験を院内の治療にも活かしております。

野球に関するこれまでの活動

・平塚学園野球部メディカルトレーナー

・第97回甲子園山梨県代表メディカルトレーナー帯同

・第67回関東高校野球大会神奈川県代表校メディカルトレーナー帯同

・第68回関東高校野球大会山梨県代表校帯同

・投球動作講習会

・野球と腰痛について講習会

・その他プロ野球選手院内にてケア

 
 

治療の流れ

1 問診

現在の状態を詳しく伺い、いつまでにどのようにしたいのか?などのプランを立てます。

 

2 検査

現在の状態を問診を基に各種テスト法などで、状態を確認します。

 

3 治療

マッサージやストレッチなどで損傷している部分に対しアプローチしていきます。

 

投球フォームチェック

繰り返し肘や肩、腰などに痛みが出る場合は動作に問題がある事が大半です。そのため動作を確認させていただきアドバイス致します。

 

テーピング

改善を早めるため固定をする場合や、ケガをしている状態ではあるが練習や試合は休めないなどの場合に使用致します。

 

野球障害に対する当院の考え

当院では、なるべく練習を休まずにケガの治療をおこなう事を心がけております。もちろん運動を全て中止する必要がある場合はその理由を説明させていただきますが、練習の中で出来る事はなるべくおこないながら治療をおこなう事でパフォーマンスの低下を少しでも緩やかにする事と、練習に少しでも参加することでモチベーションを下げず、ケガを治すという意識が治療期間を短くさせると考えています。

例えば、肩の痛みで当院へ受診した場合遠投など長い距離投げるのは控えた方が良いが、塁間までの距離なら投げても大丈夫だよ。キャッチボールを50%の力で大きく体を使いながら投げてね。などの実際の練習内容などを聞きながらケガの状況にあわせ出来る範囲の行動範囲を指導させていただいております。

電話

ご予約