BLOG

2016.10.23更新

本日は、数ヶ月前から肩こりの症状で来院されていました患者様が奥様をご紹介してくださいました。

初めてのはり治療ということでしたが、

「痛がりのうちの旦那さんが大丈夫なんだから、きっとそんなに痛くないのだろう!」とのことでした。flower

 

はり治療は二千年前頃に中国から始まり、日本でも平安時代には既に行われていた治療法です!

平安時代はお灸が中心だったようですが、室町時代になると鍼の研究も盛んになり、様々な文献が残っているようです。

 

現在の鍼灸治療は新しい考え方も多く出てきていますが、基本は昔から伝わる古典を中心に広がったものです。

長い歴史がありますが、現在の日本でははり治療を受けたことのある人は3割程度だそうですが。。。

 

鍼は痛くないです!!note

 

もっと多くの方にはり治療を知っていただき、必要に応じて、はり治療も薬を飲む、湿布を貼る、と同じくらいメジャーで気軽なケア方法になればいいなと思います。

 

また、ご紹介いただき大変ありがたいです。

今後も家族、友人皆様で利用して頂ける治療院になるよう精進していきたいと思います!

SEARCH

ARCHIVE