BLOG

2018.07.30更新

60代 男性

主訴症状:左殿部と左スネ外側の痛み

治療コース:白川式ルート鍼治療

治療周期:1週間に1回

治療回数:計6回

治療効果:半年前から症状はあったもののそこまで強くなかったが

6月になってから急に痛みが増し、デスクワーク中に症状が強くなったりする。

1回目の治療後、殿部の痛みは消失。スネの痛みは残存。

だが歩ける時間が伸びた気がするとのこと。

 2回目の治療後スネの痛み半分になり、

仕事中に痛む回数も減った

3回目の治療後、しばらくしてなかった庭掃除を5時間程した。

殿部の重さとやや腰が張るような痛みが出たが、症状は強くならず悪化しなかった。

 4回目・5回目治療後、スネの痛む部位が下に下がってきた

旅行に行き痛むときもあったがそこまで気にならず、

スネの痛みは2/10くらい。痛くない日もある。

(4回目以降は2週間に1回)

6回目の治療が終わって一旦終了。

 

 

今回の患者さんは、以前に交通事故で首を痛めていました。

事故のみならず、捻挫や骨折などで怪我をした後に

身体全体のバランスが崩れて、他の疾患を引き起こすこともあります。

 

白川式ルート鍼治療は坐骨神経痛に対して

とても効果の高い治療法です。

腰や痛む部位だけでなく、首や背中、お尻などにも鍼でアプローチをして

症状を改善していきます。

治らないと諦めかけている方、ぜひ一度ご相談ください。

 

SEARCH

ARCHIVE