BLOG

2018.09.04更新

野球肩と一言で言っても肩の筋肉、腱、関節、靭帯など野球の場合は肩をほぼ180度動かしながら力を

使うスポーツのため損傷する部分も様々です。

しかし断言できることは野球において肩甲骨の動き(可動域)が減少していると肩に対する負担は増えます。

単純に考えても、肩周りより肩甲骨周りの方が大きく体のつくりはできています。しかし、その大きな肩甲骨を有効に

使えていないケースがとても多く、その結果肩になんらかの損傷が発生します。

そんな方のために、もしくはそうならないためにチューブやボールを使った自宅で行えるリハビリ動画と写真のページを作成しましたので

ご興味ある方はご覧ください。

 

リハビリページ詳しくはこちら>>>

 

動画ページはこちら>>>

 

 

SEARCH

ARCHIVE