BLOG

2018.09.09更新

こんにちは、阿部です。

 

先日久しぶりに鍼灸治療を受けに患者さんがいらしたのですが、

前回来院した際の主訴が「風邪っぽい」「腹痛」「頭痛」「生理が長引いている」でした。

全身を整える治療をしたところ、翌日からほとんどの症状が軽減したと言って頂きました。

 

鍼灸治療は肩や腰などの整形外科的な痛みのみならず

なんとなく身体が怠い、お腹の調子が良くないなどの

内科的な不調にもとても効果的です。

 

それは鍼灸治療をすると自律神経のバランスが整いやすくなるからです。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」とがありますが、

バランスが乱れ交感神経が活発になりすぎると、夜寝る時も興奮状態で

なかなか眠れず、結果的に疲れが取れなかったり、

副交感神経が優位になると日中仕事をしている時に眠気に襲われたり、

やる気が出なかったりします。

また内臓のほとんどが自律神経支配なので、

内臓の疲れも溜まりやすくなり、怠さが出やすくなります。

 

今年の猛烈な暑さや、クーラー冷えなどによる疲れ、

季節の変わり目のこの時期に体調を崩さない為にも

ぜひ鍼灸治療を有効に活用してみてください♪

 

鍼

SEARCH

ARCHIVE