BLOG

2018.11.06更新

こんばんは小泉です。

 

11月6日は久しぶりに1日中雨で、農家の人は助かりますね。

 

秋は一雨ごとに寒くなると昔だれかから聞いたのを思い出しました☆

 

今回は赤ちゃん連れのママさんに多い腱鞘炎についてです!

 

腱鞘炎

 

上記の画像のようにママさんは抱っこ紐を使わないで抱っこをする機会はとても多いと思います。特に自宅では抱っこ紐をわざわざするのは煩わしい・・・

 

しかしもし落としてしまったら大変と思い、上記の画像のように手首を曲げながら赤ちゃんを抱え込むと思います。確かにこの状態でも負担は加わります。

 

しかし、最も負担が加わるのは赤ちゃんが寝ている状態から抱く際に一番手首に負担が加わります。

 

腱鞘炎は文字通り腱の炎症なのですが、そもそもの原因は筋肉の緊張によるものです、そのため筋肉に負担をくわないことで腱にも負担はかかりません。

 

抱っこをする際に手首を過度に曲げると手首に負担が加わりますので曲げすぎないように注意して抱っこしてみてください。

 

また、すでに手首が痛くなってしまっている方は手首はアイシングで冷やし炎症を抑え、肘から下をお風呂上がりにマッサージできるとよいと思います。

 

アイシングの仕方はこちら>>>

 

ご自分で行えるセルフアマッサージ方法はこちら>>>

 

当院ではお子様連れでも一緒に個室の施術室へはいれるため多くのママさんがご来院いただいております。もし痛みが出ている場合はご相談ください。

SEARCH

ARCHIVE