BLOG

2019.10.08更新

こんにちは、小泉です。

 

すっかりというか、いきなり涼しくなり朝晩は特に秋らしくなってきましたね。

 

でも、急に熱くなる日もあるますから、まだまだ体調管理には十分ご注意ください。

 

今回は腰痛に対するテーピングについてご紹介致します。

 

当院でも開院当初より積極的にキネシオテーピングを活用してきたのですが、今回は

 

今までのキネシオを活用方法のベースとは違い、皮膚を動かし運動性を向上させるという

 

また、高い確証性がある分野ではないのですが、皮膚運動学に基づいてテーピングを行い

 

どの程度運動性が向上するかテストしました。

 

今回は私の娘を被験者とし、体がもともとかなり硬いのでちょうどいいと思いテーピングで

 

どの程度変化が起きるか比べてみました。

 

テープ前

腰痛 キネシオ 辻堂 茅ヶ崎 サルビア整骨院

床から指先までコブシ2個+指3本分離れています。

 

子供でこの硬さは絶望的です・・・(笑)

 

テーピングはこの様に貼りました。

 

腰痛 キネシオ 辻堂 茅ヶ崎 サルビア整骨院

 

皮膚運動学では皮膚のシワを取ることで運動性が向上するという概念があり、それに基づき貼ってみました。

 

結果・・・・・・・・・・・!!!!!!!!

 

腰痛 キネシオ 辻堂 茅ヶ崎 サルビア整骨院

 

床に指が付きました!!!!!やらせ一切なしです!!!!!!!!

 

これには、私も子供もびっくりしました。

 

腰が曲げると痛いという方や、腰回りが固くて気になる方は、このテーピング方法を試してみてください。

 

ポイントはサイドのテープはわき腹から腰方向に引っ張りながら貼ってください。

2019.10.06更新

こんにちは、サルビア整骨院の小泉です。

 

以前から何かあると来てくれていた患者さんが、アマチュアキックボクシングで日本チャンピオンとなりました。

 

もともとは空手で結果を残していたとはいえまだまだ、学生、相手は一個下の階級のチャンピオンとの

 

新王座決定戦!!!

 

見事勝利し、その報告にとわざわざきてくれましたので記念にパチリ♪

 

キックボクシング 辻堂 茅ヶ崎 サルビア整骨院

 

 

 

学生さんのため、いつも1時間近くかけ送り迎えをしてくれていたお父さんとも記念にパチリ♪

 

キックボクシング 辻堂茅ヶ崎サルビア整骨院

 

次からは、チャンピオンとして防衛線がはじまります!!

 

がんばれ!!!!!!!

2019.10.06更新

こんにちは、サルビア整骨院の小泉です。

 

久しぶりのブログ更新となりました。

 

インスタやFacebook、YouTubeチャンネルなどは更新していたのですが、久しぶりとなってしまいました。

 

今回は、最近YouTubeチャンネルにてアップしました、野球で、特に中高生に多い腰椎分離症についての

 

トレーニングとストレッチ方法の紹介です。

 

今すぐ動画をご覧になりたい方はこちら>>>

 

分離症は野球に多く、しかも発生してしまうと、約3か月ほどはスポーツから離脱せざるを得ない、厄介なケガです。

 

しかも、腰椎分離症は疲労骨折のためコルセットにて固定を行います。結果として、体幹などの筋力が低下し

 

もともとのパフォーマンスに戻すのには半年ほど期間が必要となり、痛みも強く伴います。

 

そのため、やはり分離症にならない!

 

ということがとても重要と考えております。誰しもがなりたくてなるわけではありませんが、

 

何故発生するのか?

 

どのような予防方法があるのか?

 

という知識を持っていれば少なからず発生する可能性は減少すると思います。

 

下記動画をクリックいただきますと、ストレッチとトレーニング方法の動画ページへ

 

移動できますのでご興味ある方はご覧ください。

 

グッドボタン、チャンネル登録していただけると、私のテンションが個人的にアップします♪

 

野球 分離症

2019.08.20更新

おはようございます、サルビア整骨院の小泉です。

 

いよいよ8月も後半になってきており、夏の甲子園も残りわずかで夏休みも終盤!

 

しかし、神奈川県内ではすでに春の選抜甲子園をかけた地区予選がはじまっておりまだまだ熱いです!!

 

今回は、運動後に効果的なクールダウンについて動画にてご紹介させていただきます。

下記画像をクリックいただきますと動画をご覧いただけます。

クールダウンについて

 

 

クールダウンは運動後におこなうことが一般的となっており、ストレッチや軽いジョギングなど

行い方は様々だと思います。

では、実際にどのようなクールダウンが効果的なのか?

本当にクールダウンは必要なのか?

などについてご紹介しております。

今回は野球に特化した形でご紹介しておりますが、クールダウンの概要としましては十分どのスポーツにも

当てはまる内容と思いますので是非ともご覧いただければと思います。

動画はこちらからもご覧いただけます>>>

2019.07.28更新

こんにちは、サルビア整骨院の小泉です。

 

いよいよ神奈川県の高校野球も決勝戦が終わり今年は東海大相模高校が神奈川県

 

代表として決まりましたね。

 

毎年、全国で高校野球は様々なドラマが生まれ本当に毎年楽しみにしています。

 

当院にもおかげさまで野球関係の方が多くご来院いただいているのでこの時期は

 

『どこが負けた!、どこが勝った!!』など高校野球の話題でもちきりです。

 

さて、今回は野球を行うのに筋肉は必要というのは周知のとおりだと思い筋トレを行っている方も

 

いらっしゃると思います。

 

そこで今回は体幹にフォーカスを当てたトレーニング方法を動画にてご紹介致します。

 

今すぐ動画をご覧になりたい方は下記の画像をクリックください。

 

https://www.youtube.com/watch?v=TBqYbzZsaNo&t=119s

 

 

体幹とは、体の腕、足以外の部分についている筋肉のこといい、その部分を強くすることで

 

体のバランスが整い、全身の筋肉を効率的に使うことが可能となります。

 

また、小学生や中学生などの骨が未発達の年代に腕や足に対する過度なトレーニングをおこなうことで

 

骨に負担がかかりすぎてしまい成長に支障をきたします。

 

ですが、体幹部分へのトレーニングは成長への支障をきたさないので小学生、中学生などの成長期の

 

年齢でもトレーニングは可能となり、全身の筋肉を効率よく活用しバランスも整うため

 

怪我の予防にもなります。

 

そのため、野球に関する、技術練習はもちろん重要で楽しいのですが、それと同等に

 

体幹トレーニングは重要と考えております。

 

ご自分で簡単に行えるトレーニング方法やトレーニングに活用できるツールもご紹介しておりますので

 

下記リンクよりごらんください。

 

体幹トレーニング動画はこちら>>>

 

 

2019.07.27更新

こんにちは、小泉です。

 

いよいよ梅雨明けも間もなくとなり、神奈川県の高校野球も残りあと少しというところまで

 

きていますね。

 

今回は野球肘に対するストレッチについて動画にてご紹介致します。

下記画像をクリック下さい

野球肘 ストレッチ 辻堂茅ヶ崎サルビア整骨院

 

 

野球肘は動画でもご説明しておりますが、1球でなる確率は低いです、基本的には

 

・投球フォームの乱れ→体が固いなどの原因でなる人が多いです

・球数がケアの量に対して多い

 

上記の2点が野球肘となる主な原因です。

 

そのため、投球フォームは改善する必要もケースもありますが、まずはストレッチをしっかりと

 

ご自分で行い、ケアをするという意識を心がけることが第一歩です。

 

そこでご自宅でタオルを使った簡単なストレッチ方法をご紹介しておりますので

 

ケガの防止にもなりますのでごらんください。

 

動画はこちら>>>

2019.07.15更新

おはようございます、サルビア整骨院の小泉です。

 

もうすでに7月も半ばというのに雨が連日続き気温もなかなか上がらず、夏といった感覚は

 

まだまだといった感じですね。。。

 

しかし、昨年のような外に出るのも危険なくらい猛暑に比べたらよい気もしますが。。。。

 

さて、先日、茅ヶ崎市内にあります少年野球チームにて野球肘などの予防のために

 

・投球ファームの確認

・ストレッチ方法

・体幹トレーニング

・その他質疑応答

などの講習会をおこなわせていただきました!

 

野球肘講習会

 

市内でも常に上位を狙えるチームということもあり、選手の数も多く指導者の方も充実しており

 

なにより熱量が大変高いと感じました。

 

皆さん、メモを取っていただいたり、携帯で動画を撮影したりと大変熱心だな~といったのが

 

率直な感想です。また今回は3年生4年生を中心に行わせていただいたのですが、なかには

 

これから伸びれば将来楽しみな選手もチラホラおり、指導者の方も挨拶には特に力を入れて

 

指導されていることでとても気持ちのいい野球少年団といった感じでこちらが元気を持っラちゃいました^^

 

その講習会の様子をYouTubeにてアップしておりますので下記リンクをクリックいただければ閲覧できます。

また、是非ともうちのチームにもといった指導者の方がいらっしゃいましたら

sk.08011718235@gmail.com小泉までお気軽にご連絡ください。

動画はこちら>>>

2019.07.13更新

こんにちは、サルビア整骨院の小泉です。

 

いよいよ神奈川県は夏の甲子園予選が開幕し、高校球児達は最後の夏に挑む思いは並々ならぬ

 

ものがあると思います。

 

神奈川テレビでの中継でもテーピングを手首や肘に巻いている選手をたまに見かけます。

 

そんなことで今回は野球肘の内側痛のためのテーピング方法をご紹介致します。

 

野球肘 テーピング

 

野球肘はそもそも1球のボールでなる可能性は極めて少なく、繰り返す肘への負担によって発生する

 

野球特融のケガです。

 

もちろんテーピングは効果的であり、痛みの軽減や可動範囲の抑制や筋疲労の減少など巻き方によっては

 

様々な効果が得られます。

 

しかし、野球肘がテーピングのみで完治するとはなかなか考えにくいです。

 

そもそも投げ方に原因がある、もしくは球数が多い、ケア不足この3点が野球肘の原因となります、ケア不足に対してはテーピングで少しは補える部分もあるかと思いますが、そのほか2点に関しては意識的に修復する必要があるため、肘に違和感や痛みがある場合はできるだけ早期に医療機関への受診をお勧め致します。

 

しかし、『試合に出たい!』『この大会にすべてをかけている!』などそんな場合はテーピングを行い

少しでも痛みをやわらげ、野球のプレーに集中してもらえればと思い動画を作成いたしました。

 

下記画像をクリックいただきますと動画ページへ飛びますのでクリックしてみてください。

 

野球肘 テーピング

2019.06.25更新

こんにちは、サルビア整骨院の小泉です。

 

事故日から早くも1か月半が経ちました。

 

事故当初のときの体の状態は動かさなかくとも痛みや筋肉の緊張感を感じていたのですが

 

それは減少し、動かし続けると痛みが出る程度までになっています。

 

交通事故の治療に関して今回はご紹介させていただきます。

 

交通事故 辻堂 茅ヶ崎 整骨院

 

交通事故の治療の場合は相手方の自賠責保険を使用し治療をおこなうため窓口負担は0円となります、

 

事故の場合以前もご紹介したとおり、証拠となるものを残すことが大事になりますので、まずは整形外科

 

にてレントゲン検査を行い、事故直後の状態を画像として残すことが大切です。

 

そのほかに、整骨院や接骨院での治療を併用するケースも多くあります。

 

整形外科でのリハビリと整骨院や接骨院を併用すること自体は全く問題ありません。

 

当院でも多くの事故の患者さんがそのように整形外科と当院を併用して治療しています。

 

整骨院や接骨院を併用する場合、整形外科へは少なくとも1か月に1回は診察をドクターにおこなってもらう

 

事が最適と考えられます。お体の状態によってはそれ以上通院するケースもあります。

 

当院の場合では週に2回は少なくとも来院をお勧めしています。

 

骨折や脱臼以外の事故のケガの場合は捻挫が最も多く、首ではむち打ち、腰では腰痛などとなり

 

筋肉の緊張からくる様々な症状を発生させます。

 

そのため来院期間が長く空いてしまうと柔らかくなった筋肉も緊張しなかなか改善がみられずらい

 

ため週に2回は少なくとも来院していただくようにおすすめしています。

 

 

2019.06.24更新

症例

 

病名:パーキンソン病

 

60代男性

 

症状:

・手のふるえ

・足が重く、歩いていると辛くなってくる

 

治療期間:

去年の10月より治療開始

 

治療頻度:

2週間に1回程度

 

鍼治療の方法:YNSA(座って頭にのみ刺鍼)と、全身の筋緊張緩和の鍼治療(寝た状態で全身に刺鍼)

 

経過:

・初診~3回目

特に体の変化はなく、軽くなった感じもしない、とのこと。

むしろ、頭に打たれた鍼が次の日に少し痛く残る感じがあり、足も怠くなった。怠いのが取れるとまた通常に戻る。

 

・4回目

頭に打たれた鍼の痛みは出なくなった。足に貼るサロンパスの量が減ったとのこと。

鍼治療後に、足が軽くなってるのを自覚

 

・5回目

近所の人から、「最近歩き方が良くなったね」と言われた

歩いていても腰が痛くならなくなった。足は疲れるけど前ほどではなくなった。

 

現在も治療を継続中

 

考察:

突発的な痛みや急性の症状ではないのですぐに結果は出ず、むしろ鍼治療後の怠さなどが残りました。

回数を重ねるうちに少しずつ「最近疲れにくくなってるかも」や、近所の人から歩き方が良くなってると言われたり、気づけば少しずつ症状が緩和されていることを自覚できるようになられました

この方に限らず、慢性症状や、特に強い症状ではないけど何となく気になる症状がある、という場合、継続的な鍼灸治療を受けることによって少しずつ体の変化が訪れます。

パーキンソン病に限らず、慢性症状がある方は是非、鍼灸治療をお試し下さい。

前へ

SEARCH

ARCHIVE