BLOG

2019.07.28更新

こんにちは、サルビア整骨院の小泉です。

 

いよいよ神奈川県の高校野球も決勝戦が終わり今年は東海大相模高校が神奈川県

 

代表として決まりましたね。

 

毎年、全国で高校野球は様々なドラマが生まれ本当に毎年楽しみにしています。

 

当院にもおかげさまで野球関係の方が多くご来院いただいているのでこの時期は

 

『どこが負けた!、どこが勝った!!』など高校野球の話題でもちきりです。

 

さて、今回は野球を行うのに筋肉は必要というのは周知のとおりだと思い筋トレを行っている方も

 

いらっしゃると思います。

 

そこで今回は体幹にフォーカスを当てたトレーニング方法を動画にてご紹介致します。

 

今すぐ動画をご覧になりたい方は下記の画像をクリックください。

 

https://www.youtube.com/watch?v=TBqYbzZsaNo&t=119s

 

 

体幹とは、体の腕、足以外の部分についている筋肉のこといい、その部分を強くすることで

 

体のバランスが整い、全身の筋肉を効率的に使うことが可能となります。

 

また、小学生や中学生などの骨が未発達の年代に腕や足に対する過度なトレーニングをおこなうことで

 

骨に負担がかかりすぎてしまい成長に支障をきたします。

 

ですが、体幹部分へのトレーニングは成長への支障をきたさないので小学生、中学生などの成長期の

 

年齢でもトレーニングは可能となり、全身の筋肉を効率よく活用しバランスも整うため

 

怪我の予防にもなります。

 

そのため、野球に関する、技術練習はもちろん重要で楽しいのですが、それと同等に

 

体幹トレーニングは重要と考えております。

 

ご自分で簡単に行えるトレーニング方法やトレーニングに活用できるツールもご紹介しておりますので

 

下記リンクよりごらんください。

 

体幹トレーニング動画はこちら>>>

 

 

2019.07.27更新

こんにちは、小泉です。

 

いよいよ梅雨明けも間もなくとなり、神奈川県の高校野球も残りあと少しというところまで

 

きていますね。

 

今回は野球肘に対するストレッチについて動画にてご紹介致します。

下記画像をクリック下さい

野球肘 ストレッチ 辻堂茅ヶ崎サルビア整骨院

 

 

野球肘は動画でもご説明しておりますが、1球でなる確率は低いです、基本的には

 

・投球フォームの乱れ→体が固いなどの原因でなる人が多いです

・球数がケアの量に対して多い

 

上記の2点が野球肘となる主な原因です。

 

そのため、投球フォームは改善する必要もケースもありますが、まずはストレッチをしっかりと

 

ご自分で行い、ケアをするという意識を心がけることが第一歩です。

 

そこでご自宅でタオルを使った簡単なストレッチ方法をご紹介しておりますので

 

ケガの防止にもなりますのでごらんください。

 

動画はこちら>>>

2019.07.15更新

おはようございます、サルビア整骨院の小泉です。

 

もうすでに7月も半ばというのに雨が連日続き気温もなかなか上がらず、夏といった感覚は

 

まだまだといった感じですね。。。

 

しかし、昨年のような外に出るのも危険なくらい猛暑に比べたらよい気もしますが。。。。

 

さて、先日、茅ヶ崎市内にあります少年野球チームにて野球肘などの予防のために

 

・投球ファームの確認

・ストレッチ方法

・体幹トレーニング

・その他質疑応答

などの講習会をおこなわせていただきました!

 

野球肘講習会

 

市内でも常に上位を狙えるチームということもあり、選手の数も多く指導者の方も充実しており

 

なにより熱量が大変高いと感じました。

 

皆さん、メモを取っていただいたり、携帯で動画を撮影したりと大変熱心だな~といったのが

 

率直な感想です。また今回は3年生4年生を中心に行わせていただいたのですが、なかには

 

これから伸びれば将来楽しみな選手もチラホラおり、指導者の方も挨拶には特に力を入れて

 

指導されていることでとても気持ちのいい野球少年団といった感じでこちらが元気を持っラちゃいました^^

 

その講習会の様子をYouTubeにてアップしておりますので下記リンクをクリックいただければ閲覧できます。

また、是非ともうちのチームにもといった指導者の方がいらっしゃいましたら

sk.08011718235@gmail.com小泉までお気軽にご連絡ください。

動画はこちら>>>

2019.07.13更新

こんにちは、サルビア整骨院の小泉です。

 

いよいよ神奈川県は夏の甲子園予選が開幕し、高校球児達は最後の夏に挑む思いは並々ならぬ

 

ものがあると思います。

 

神奈川テレビでの中継でもテーピングを手首や肘に巻いている選手をたまに見かけます。

 

そんなことで今回は野球肘の内側痛のためのテーピング方法をご紹介致します。

 

野球肘 テーピング

 

野球肘はそもそも1球のボールでなる可能性は極めて少なく、繰り返す肘への負担によって発生する

 

野球特融のケガです。

 

もちろんテーピングは効果的であり、痛みの軽減や可動範囲の抑制や筋疲労の減少など巻き方によっては

 

様々な効果が得られます。

 

しかし、野球肘がテーピングのみで完治するとはなかなか考えにくいです。

 

そもそも投げ方に原因がある、もしくは球数が多い、ケア不足この3点が野球肘の原因となります、ケア不足に対してはテーピングで少しは補える部分もあるかと思いますが、そのほか2点に関しては意識的に修復する必要があるため、肘に違和感や痛みがある場合はできるだけ早期に医療機関への受診をお勧め致します。

 

しかし、『試合に出たい!』『この大会にすべてをかけている!』などそんな場合はテーピングを行い

少しでも痛みをやわらげ、野球のプレーに集中してもらえればと思い動画を作成いたしました。

 

下記画像をクリックいただきますと動画ページへ飛びますのでクリックしてみてください。

 

野球肘 テーピング

2019.06.25更新

こんにちは、サルビア整骨院の小泉です。

 

事故日から早くも1か月半が経ちました。

 

事故当初のときの体の状態は動かさなかくとも痛みや筋肉の緊張感を感じていたのですが

 

それは減少し、動かし続けると痛みが出る程度までになっています。

 

交通事故の治療に関して今回はご紹介させていただきます。

 

交通事故 辻堂 茅ヶ崎 整骨院

 

交通事故の治療の場合は相手方の自賠責保険を使用し治療をおこなうため窓口負担は0円となります、

 

事故の場合以前もご紹介したとおり、証拠となるものを残すことが大事になりますので、まずは整形外科

 

にてレントゲン検査を行い、事故直後の状態を画像として残すことが大切です。

 

そのほかに、整骨院や接骨院での治療を併用するケースも多くあります。

 

整形外科でのリハビリと整骨院や接骨院を併用すること自体は全く問題ありません。

 

当院でも多くの事故の患者さんがそのように整形外科と当院を併用して治療しています。

 

整骨院や接骨院を併用する場合、整形外科へは少なくとも1か月に1回は診察をドクターにおこなってもらう

 

事が最適と考えられます。お体の状態によってはそれ以上通院するケースもあります。

 

当院の場合では週に2回は少なくとも来院をお勧めしています。

 

骨折や脱臼以外の事故のケガの場合は捻挫が最も多く、首ではむち打ち、腰では腰痛などとなり

 

筋肉の緊張からくる様々な症状を発生させます。

 

そのため来院期間が長く空いてしまうと柔らかくなった筋肉も緊張しなかなか改善がみられずらい

 

ため週に2回は少なくとも来院していただくようにおすすめしています。

 

 

2019.06.24更新

症例

 

病名:パーキンソン病

 

60代男性

 

症状:

・手のふるえ

・足が重く、歩いていると辛くなってくる

 

治療期間:

去年の10月より治療開始

 

治療頻度:

2週間に1回程度

 

鍼治療の方法:YNSA(座って頭にのみ刺鍼)と、全身の筋緊張緩和の鍼治療(寝た状態で全身に刺鍼)

 

経過:

・初診~3回目

特に体の変化はなく、軽くなった感じもしない、とのこと。

むしろ、頭に打たれた鍼が次の日に少し痛く残る感じがあり、足も怠くなった。怠いのが取れるとまた通常に戻る。

 

・4回目

頭に打たれた鍼の痛みは出なくなった。足に貼るサロンパスの量が減ったとのこと。

鍼治療後に、足が軽くなってるのを自覚

 

・5回目

近所の人から、「最近歩き方が良くなったね」と言われた

歩いていても腰が痛くならなくなった。足は疲れるけど前ほどではなくなった。

 

現在も治療を継続中

 

考察:

突発的な痛みや急性の症状ではないのですぐに結果は出ず、むしろ鍼治療後の怠さなどが残りました。

回数を重ねるうちに少しずつ「最近疲れにくくなってるかも」や、近所の人から歩き方が良くなってると言われたり、気づけば少しずつ症状が緩和されていることを自覚できるようになられました

この方に限らず、慢性症状や、特に強い症状ではないけど何となく気になる症状がある、という場合、継続的な鍼灸治療を受けることによって少しずつ体の変化が訪れます。

パーキンソン病に限らず、慢性症状がある方は是非、鍼灸治療をお試し下さい。

2019.06.23更新

おはようございます、サルビア整骨院の小泉です。

 

今回はお題のとおり、野球肘の原因についてご紹介したいと思います。

 

野球肘と一括りにいっても様々な状態があります。

 

①肘の内側が痛い

②肘の外側が痛い

③肘の後ろ側が痛い

 

簡単に分類してもこの3種類に分けられ、その中でもさらに細かく病名は分けられます。

 

しかし、原因としてはすべての野球肘にあてはまる2つがあります。

 

1つ目は使い過ぎ

 

2つ目は使い方の間違い(投球フォームに問題がある)

 

小学生の場合は公式戦などでは球数制限などがあり、ケガの予防に着手されていますが、それ以降の場合は

 

チーム状況などですべて指導者の方が判断しているため使い過ぎで故障が発生するリスクも存在します。

 

しかし使い過ぎで故障が発生する場合は球数をセーブし、しっかりとしたケアを行うことで野球肘の

 

予防や改善は早期に見込めます。

 

厄介なのは使い方の間違い(投球フォームに問題がある)状態での野球肘です。

 

野球肘は多くの場合肘の関節周囲の組織が損傷し、炎症による痛みが症状としてあらわれます。

 

そのため野球の練習(投げる動作やバットを振るなどの動作)を中止することで、損傷している組織は

 

回復し炎症もなくなるため痛みも消失し治っている状態となります。

 

しかし、根本的な原因は使い方(投球フォーム)にあるためまた再発を繰り返すケースがとても多いです!

 

そのため一例ではありますが、肘に負担がかかる投球フォームについてご紹介した動画を作成しましたので

 

下記リンクよりご覧ください。

 

動画は下記画像をクリックしてください。

 

野球肘

2019.06.22更新

こんにちは、小泉です。

 

先日高校球児で治療に通ってくれている患者さんのお父さんより

 

口コミをいただきましたのでご紹介させていただきます。

 

口コミ 野球 辻堂茅ヶ崎整骨院サルビア

 

『高校野球を始めてからすぐに肩を痛めてしまい、最初は近所の診療所に通って

いたのですが、回復がみられなかったためこちらの院へ来ました。

先生はご自身が高校野球の経験者ということもあり息子の肩を治すことだけでなく

心に寄り添って下さりとても楽しく通院できました。

治して頂いたのは肩だけでなく息子の心も・・・言い過ぎですかね(笑)』

 

とてもうれしい口コミをいただきありがとうございます。

 

高校生は実質2年半しか部活を行える期間がなく、その中でも特別な選手出ない限り

 

始めの半年ほどは基礎体力つくりに費やすため実質2年間しかありません。

 

その中でケガという他の選手とのレギュラー争いから遅れをとるという焦りの気持ちは

 

実際私も経験しているのでとてもよくわかります。

 

当院では、選手の意見を尊重した治療内容をなるべく行うように心がけています。

 

例えば、最後の夏の大会まであと2か月しかないがなんとか投げられるようになりたい!

 

といった場合、『全力での回復は困難かもしれないけど60%程度の投球なら、

 

または50球程度の投球なら間に合うかもしれない』や学年によっては

 

まだ、2年生や1年生など先の大会がある場合は『今季の大会の出場はあきらめ次の大会を

 

100%で臨める体にしよう』などの提案をおこなわせていただき、本人、親御さんともに

 

納得いただいた治療内容をなるべくご提供できるようにおこなっております。

 

もちろん、当院では手に負えないケガの状況や、投薬治療の方が効果的と思えばご説明し、すぐに精密検査などが必要な選手もいますので病院へ紹介状を記載させていただくこともあります。

 

一人でも多くの方が野球を全力で楽しめる体に一日でも早く戻せるよう今後も努力していきます。

 

2019.06.18更新

雨のシーン

皆様こんにちは☆

梅雨に入り雨の日が増えましたねrain

湿気も多くなり

なんか身体が怠い・・・・

なんて方も多いのではないでしょうか?

空気中の水分量が増えると

呼吸していても

水分を含んだ酸素を吸っているので

十分な酸素を体内に取り込みにくくなります

東洋医学では

湿っぽいことによる害を

湿邪といいます

湿邪が体の中に入り

胃腸にとりつくと

水分の排出が悪くなり

体に水分が停滞するため

・身体が重怠い

・疲れが取れない

・むくみやすい

等の症状が出てきます

それらの症状を抑える為に

食事は消化の良い物を心がけることが大事です☆

また、

「足三里」というツボを刺激する事で

胃腸の働きを助けてくれます

※足三里・・・

膝のお皿の外側下のくぼみから指4本分下

鍼灸治療では

その方の症状に合わせて

他のツボも使って施術していきます

最近疲れが取れない・・・

調子があまり良くない・・・

 なんていう方は

是非一度鍼灸治療をお試しください☆

2019.06.18更新

皆様こんにちは☆

梅雨に入りジメジメしますがrain

気温も日によって変動して

体調管理が難しい時期ですね汗

また、雨だと気持ちもどんよりしがち・・・

スポーツやってる学生の皆は

夏の大会に向けて頑張っている子も多いのではないでしょうかbasketballsoccertennis

 

そこで今回のサルビアレターのテーマは

「メンタルケア」

です!

サルビアレター14

気持ちが落ち込み気味の方

大会前で緊張しちゃう方

必見ですglitter2

サルビアレターは整骨院にてお配りしておりますnote2

皆様のご意見・ご質問も常時受け付けておりますflower

前へ

SEARCH

ARCHIVE