BLOG

2013.10.08更新

交通事故に遭ってしまい、その後の治療を行っても症状が改善しきれない場合は

『後遺症認定』というものを申請し受けることができます。

必ずしも認められるわけではなく、基準が定められており、審査を通過した場合に限り補償額が支払われます。

その内容として、自賠責保険における後遺症害は1級~14級に分類されており、後遺症害等級表に基づいて

算定されます。数字が少ない1級が一番後遺症としては重く、補償内容も等級に応じて変動します。

2013.10.08更新

辻堂サルビア整骨院です。

示談交渉は誰がするの?と患者様から聞かれる事があります。今回はその辺りについてご説明致します。

示談とは簡単に言うと『これで解決です!』ということです。

被害者側が慰謝料や治療費など全てきれいになった状態で示談となります。

示談交渉は基本的には加害者側の保険会社と被害者個人がやり取りを行います。しかし、ケースによっては

行政書士や弁護士が間に入り交渉するケースもございます。

また、当院でも交通事故に対する示談交渉についてアドバイスを行っており、顧問弁護士も抱えているため治療以外のサポートも

行わせていただいております。

お気軽にお問いあわせください。 

2013.10.08更新

交通事故に遭ってしまった際、人身事故扱い(治療を受ける)場合に必ず必要な書類は

『交通事故証明書』です!

交通事故証明書を作成するには、まずは事故現場にて警察を呼ばなければなりません。

相手方が逃げた場合などでも必ず一度警察へ連絡し交通事故証明書を申請ください。

しかし、期限が設けられており、人身事故の場合は5年、物損事故の場合は3年経過した事故については

原則として書類が交付されませんのでご注意ください。

交通事故に遭ってしまった場合はまずはどんなに小さい事故でも『警察へ連絡!』が大切です。

2013.10.07更新

交通事故に遭った際まずは『検査!』が第一です。

整骨院ではレントゲン検査は出来ません。

当院ではレントゲン検査の代わりに県内にも数台しか無い背骨のバランスや筋肉の損傷レベルや神経異常などを

測定する機器を導入致しております。



また、レントゲン検査をご紹介させていただいております、整形外科もございますので

ご安心ください。

2013.08.14更新

皆様の不安や疑問をわかりやすくお答えいたします。
前へ