BLOG

2019.05.31更新

こんにちは、小泉です。

 

もうすぐ交通事故に遭ってから約1か月が経とうとしています。

 

体の状態はさておき、今回は車の修理について動きがありましたのでブログに掲載させていただきます。

 

交通事故で車、バイク、自転車、洋服や物品に関する保証の担当者と体のケガの保証に関する担当者は

 

別々に付き、通常であれば物品に関する方が先に示談となるケースが多いです。

 

今回の事故の過失割合はまだ現段階では確定していないのですが、車の修理を板金工場に依頼しました。

 

その修理費用と相手方保険会社が車の修理に出せる費用に差額が生じてしまいました。

 

今回事故に遭った車は中古で購入しかなり年式も古く、その年式を基に現在の車の価値を相手方保険会社が

 

算定します。

 

例えば50万円の中古車で10年経っていれば現段階の車の価値は5万円です。といった感じになります。

 

今回その私の車の価値よりも修理費用の方が高く見積もりが挙がっており修理はどうしますか?といった

 

問い合わせが弁護士の方にはいり、私に確認の連絡が来ました。

 

差額は大きな金額ではないのですが、修理費用の差額は私の持ち出しとなります。

 

過失割合によっても変動してきますが、10対0の場合修理費用に100万かかる場合相手が100万円分ふたんしてくれます、しかし8対2で修理費用が100万の場合相手方は80万円までしか持ってくれません。

 

なんだか損をした気分になりますが、こちら側に少なからず過失がある場合車の価値の部分を相手方と争ってもガイドブックにのっとり算定しているため勝ち目はないというか時間の無駄とのことでした。

 

過失が少しでも被害者側にあり車の修理に関して代車を用意してもらっている場合も同様に過失割合に応じて代車の費用も発生してきます。

 

完全に信号機で停車中などであれば過失が発生することは考えにくいのですが、走行中の事故の場合過失が発生するケースが多いためなるべく早めに過失割合についても保険会社さんと確認を取ることをお勧め致します。

2019.05.28更新

こんにちは、小泉です。

 

今回は以前に少しふれました物損事故から人身事故への切り替えについて詳しくご説明いたします。

 

まず、なぜ物損事故から人身事故へ切り替えたほうが良いのか?

 

物損事故ではあくまでも物損は物の損害というあつかいとなり、相手方保険会社さんの対応も物損のため治療を打ち切らせていただきます。

 

というケースが実際に存在します。

 

しかし、人身事故では人にケガを負わせたという事実を警察に立証してもらう必要があり、保険会社さんもそれなりの治療期間が必要と

 

考えます。

 

そのため、実際に体にお怪我を負われた場合は人身事故への切り替えもしくは対応をお勧め致します。

 

物損事故から人身事故へ切り替える際に必要な手続きはまず、

 

①事故が起きた時呼んだ警察署へ電話をかけます。

 物損事故から人身事故へ切り替えるには現場検証という手続きを行う必要があるため、日程の予約を警察署に

 いれます。

②相手方と日程を合わせて警察署へ行く必要があるため相手方に日程の調節を行います。

 

③免許書、自賠責保険書と自走可能であれば事故を受けた車で警察署へいきます。

 

それでは実際に警察署へ。。。

 

交通事故 辻堂茅ヶ崎サルビア整骨院整骨院

 

 

警察署で名前が呼ばれるまで待ちます。

 

警察官の方に名前の確認と自賠責保険書と免許証のコピーをとられ、実際に事故が発生した場所の確認をおこないます。

 

実際に事故が起きた現場にて、どのように事故が発生したかを具体的に警察官のかたに被害者、加害者双方で

 

聞き取りを行われて確認を行われます。

 

私の場合、所要時間としては30分程度だったと思います。

 

交通事故 辻堂茅ヶ崎サルビア整骨院整骨院

 

私はコンビニの駐車場での事故だったため、防犯カメラが駐車場に設置しているため、念のために

 

弁護士さんを通して防犯カメラの確認をお願いしました。

 

この際ドライブレコーダーがついていれば確実だったのですが、私の車にはついておらず・・・

 

事故の場合、記憶を基に色々な話をしたりするケースが多いため正直のところ咄嗟のことですので

 

食い違うこともあり、重症なケガの場合意識ももうろうとされる患者さんもいますので、なにか証拠となるものを

 

出来る限り準備しておくことにこしたことはないと思います。

 

 

2019.05.28更新

交通事故発生から約1週間がたち。

 

電話の嵐もひと段落着きました、基本的に事故当日や事故直後のみ相手方保険会社さんから電話がきて

 

それ以降は1か月に1回程度しかかかってきません。

 

今回はまず事故後に届く書類についてご紹介させていただきます。

 

相手方保険会社さんより

 

辻堂 茅ヶ崎 交通事故 書類

 

こんな感じで書類がまとめて送られてきます。

 

内容としては

・医療関係に内容を開示してもらうための同意書

・自宅から医療機関への移動手段、距離

 

こんな感じの書類がおくられてきます。

 

同意書がないと保険会社さんは医療機関よりケガをした状態の確認が個人情報保護法の関係でみることができないので

重要な書類となります。

 

各内容は。自分の住所、名前、印鑑のみですのでそんなに面倒ではありません。

 

とりあえず、この書類を送れば、あとは自分の生命保険などで加入しているものがあれば

 

治療が終わった段階で書類が届きます。

 

書類は後々揉めないためにも、自分の手元に出来るだけコピーして持っておいた方が無難だと思います。

もしくは携帯の写メでも記入した内容などをとっておいた方がいいと思います。

 

次回は、物損事故から人身事故への切り替えについてご紹介致します。

 

2019.05.24更新

こんにちは、小泉です。

 

事故発生日のブログ記事が長くなってしまったのでパート②とさせていただきます。

 

①をご覧ににっていないかたはこちらからご覧いただけます>>>事故発生日①

 

さて、①では病院でレントゲンや診察など一通り検査をおこなったという部分までご紹介させていただきました。

 

そこから事故後は何かとバタバタとします。

 

とにかく電話をする時間が多くなります!

 

交通事故 辻堂 茅ヶ崎 サルビア整骨院

連絡するべきところ

・自分の任意保険会社

・車の修理板金工場、もしくはディーラー

・職場

・弁護士費用特約が任意保険についていれば弁護士事務所

 

連絡が来るところ

・相手方保険会社の車修理担当者

・相手方保険会社のケガ担当者

 

これだけの数の電話をかけるところと、かかってくるところがあり。正直自分の保険会社の担当さんなのか?相手方

 

保険会社の何の担当さんのか?ちゃんと番号登録をしておかないと頭がゴッチャゴチャになります。

 

しかも基本的に保険会社さんは土日休み、17時までしか電話がこちら側からは繋がらないので、何としてもある程度のところまでは

 

仕事ではない休診日に終わらせたいと電話をかけたり、かかってきたりと大変でした。

※事故発生の日がちょうどお休みの日だったため

 

また、相手先の電話番号もしっかりと登録しておく必要があります。

 

事故初日は体が動く状態であればこんな感じの流れとなりました。

 

しかし、体を動かすことが大変な事故の場合は保険会社さんとの窓口を旦那さんや、奥さん、親御さんなど家族の方に

 

されているケースも当院へ来られている患者さんに多くいらっしゃいます。

 

私の場合、当院で顧問契約をお願いしております、弁護士事務所さんを窓口に示談交渉を相手方保険会社さんにしたため

 

初日以降はあまり電話がかかってくることはなくなりました。

 

2019.05.21更新

こんにちは、小泉です。

 

実はわたくし、5月に事故をおこされてしまい、現在も治療中なのですが患者さんのためになればと

 

示談までの流れをブログにて掲載していくことにいたしました。

 

交通事故 辻堂 茅ヶ崎 サルビア整骨院

 

まず、状況は

 

コンビニの駐車場で道路へ出る際、停車中の車がバックしてきて、私は停車しクラクションを鳴らしたのですがそのまま

 

私の車の側面に衝突。

 

バックなのでそこまでのスピードはでていませんでしたが、車にはなかなかの衝撃がはしりました。

 

もちろんこの状況からみても私が被害者、相手が加害者ということになります。

 

後日警察にて実況見分を行い確定してもらいますが・・・

 

まずは、相手の方の車に駆け寄ります。

 

当院への多くの交通事故で被害にあわれた方が来られていますが、意外と逃げられたという方がいらっしゃいます!

 

そのためその場ですぐに相手と話をし、できれば相手の車のナンバーや特徴を含めた動画もしくは写真をとります

 

その時のやり取り

 

私『ぶつかっちゃいましたね、急いでました?』

 

相手『はい・・・』

 

私『とりあえず警察呼んでいいですか?』

 

相手『はい』

 

そんな感じでした。とにかく事故が起きた場合、警察を呼ばないと話が始まりません。体に痛みなどの症状がなくとも

 

出来るだけ警察を呼んで対応しましょう。

 

まずは警察署へ連絡、この場合事故発生住所の市の警察署へ電話をかけ、警察署か鋼板のお巡りさんが現場に来てくれます。

 

その待っている間に相手方の人と連絡先の交換が可能であれば済ませておきます。

 

なにかと、最初は相手の方と直接電話をかける機会があります。

 

10分から15分後お巡りさんが到着!

 

現場の状況などをお互いに確認とられ、免許書、自賠責保険証、車検証この3点を双方ともに提示を必要とされます。

 

車の自走が出来るのか? ケガの具合はどうなのか?などを確認され、自走できない場合はレッカー車を警察が呼んでくれ

 

体も痛みが強い場合は救急車をその場で呼んでくれます。

 

私の場合、自走も可能で、体も救急車を呼ぶほどではないと思い断りました。

 

その場合、病院へ通院するとしてもその場で救急車を呼ばないと『物損事故』という扱いで処理され、後日人身事故に切り替えることは可能ですが手続きが必要となります。

 

交通事故 辻堂 茅ヶ崎 サルビア整骨院

 

体にどこかしら痛みがあり、病院への通院を必要をされる方は物損事故ではなく人身事故への切り替えを個人的にはおススメしています。

 

相手方保険会社とのやり取りで物損事故では自分の体にそこまでの損傷がなかったと判断され不利になることがあります。

 

この件は後日詳しく記載いたします。

 

そのまま、私は整形外科へ受診しレントゲンなどの検査をうけ薬を処方してもらいました。

 

しかし、事故直後で相手方の保険会社が病院へ連絡がまだ行っていない場合全額実費負担となります、もちろん後日領収書をもっていけば返金されますが。私はレントゲンと診察、薬で大体1万8000円ほどお支払しました。

 

そのため必ず領収書はしっかりとっておきましょう!

 

事故初日は何かとバタバタしますので長くなりましたので事故初日②で続きは記載いたします。