BLOG

2016.01.18更新

おはようございます、サルビア整骨院の小泉です。

 

今回はぎっくり腰(急性腰痛)になった場合温めるか、冷やすかというお話です。

 

ぎっくり腰は様々な原因でなりますが、結果としてはみなさん腰を動かすと痛みが走るというのは共通です。

 

原因は様々ではありますが、ほとんどの場合腰周辺の筋肉が元々緊張している場合になりやすいです。

 

その結果何かしらの負担により痛みが発生するといった事です。

 

自宅でぎっくり腰になった場合どうするべきか?

 

“温熱・寒冷療法の腰痛に対するランダム比較試験によると急性腰痛に対する温熱療法は薬の内服と

 

比較して治療開始後4日目の痛みを有意に改善する、または発症3ヶ月以内の急性および亜急性

 

腰痛に対する温熱療法と運動療法の併用は、温熱もしくは運動療法単独よりも有意の結果を示した

 

寒冷療法については質の高いエビテンス(証明)は示されていない”

参照※腰痛診療ガイドライン 監修日本整形外科学会 日本腰痛学会

 

上記の文献でも示されているように、ぎっくり腰でも温める方が早く良くなるという事が証明されています。

 

当院でもぎっくり腰の患者さんは積極的に機械を用いて温めており、良い結果が出やすいと実感しています!

 

皆さんももしご自宅などでぎっくり腰になり医療機関へ受診できない場合は温めるように意識してみてください。

2016.01.17更新

こんにちは、サルビア整骨院の小泉です。

 

今回は腰痛になった場合どんな検査方法が有効なのかというお話です。

 

“腰が痛い”と重い整形外科にいった方はレントゲン検査を受けた事があると思い、一般的な検査方法です。

 

レントゲンは腰の骨をみる事が出来ますので、徒手検査では不明瞭な部分もしっかりと画像で判別する事が可能です。

 

しかし、レントゲンでも骨の内部までは確認することができません、その場合はMRI検査が有効です。

 

その他、MRIでもはっきりとした診断が得られない場合、椎間板造影検査や椎間板内注射なども有用な検査といえます。


レントゲンなどは町の整形外科開業医のクリニックにもありますがMRIや椎間板造影や椎間板内注射などは大学病院などの総合病院へご通院

ください。

 

2016.01.16更新

みなさまおはようございます。

サルビア整骨院の小泉です。

今回は腰痛に対しての有効なストレッチをご紹介致します。

このストレッチは野球の投球動作やテニスのサーブ動作などを

多く行っている方に有効です。

☆腰痛ストレッチ☆

腰痛の方の場合ハムストリングスというモモの裏の筋肉の

緊張により腰にストレスが加わり腰痛に発展する方が多く

いらっしゃいます。特に野球の投手やテニスでのサーブで

ストレスが加わります。

今回はモモの裏(ハムストリングス)と腰を同時にストレッチするジャックナイフストレッチをご紹介致します。

①、まず膝を曲げ足首を両手でつかみます

あああああ

②、足首をつかんだまま胸と前モモが離れないように足を伸ばします。

ええええええ

伸ばした状態を5秒間キープしまた膝を曲げるを5回繰り返します。

何もしない状態で床と指の距離とストレッチ後の距離を比較してみてください。

あああああ

2016.01.16更新

みなさまこんばんはサルビア整骨院の小泉です。

今回は腰痛に対して根本的な原因についての話です。

腰痛には様々な原因が考えられますが以下の内容が質の高いエビデンス(証明)を

されている内容になります。

☆腰痛発症の危険因子はなにか?☆

・運動不足は腰痛に危険因子である

・喫煙は腰痛に対する危険因子である

・肥満と腰痛には有意な関係性はない 

運動不足やタバコの吸い過ぎで腰痛になる危険性が増しますので注意しましょう、また体重が重いと

腰痛との直接的な関係性は少ないですが、膝などの足に負担がかかり、その結果腰痛になるというリ

スクもありますので要注意です!

2016.01.16更新

こんばんは、サルビア整骨院の小泉です。

今回は腰痛の検査方法に対してのお話です。

腰痛での検査はレントゲン検査が一般的ではありますが、レントゲン検査で異常は検知できなくとも痛みが強い、また

は痺れなどの神経症状を要する場合はMRI検査が有用です。

またはMRIでもはっきりとした診断が得られない場合、椎間板造影検査や椎間板内注射なども有用な検査といえます。

レントゲンなどは町の整形外科開業医のクリニックにもありますがMRIや椎間板造影や椎間板内注射などは大学病院な

どの総合病院へご通院ください。

2016.01.16更新

こんにちは、サルビア整骨院の小泉です。

 

今回は腰痛の改善や予防に対する運動についてです。

 

腰痛になると『運動してください』や『運動不足だと腰痛になるらしいよ』・・・

 

などど言う話を耳にしたことがあるかたも多いかもしれません。

 

今回はその腰痛に運動は本当に効果的なのかというお話です。

 

☆腰痛改善に運動は有効か?☆

・ぎっくり腰などの急性(4週未満)には効果がない

・1ヶ月〜3ヶ月続く腰痛には効果がある

・3ヶ月以上続く腰痛には有意義な結果がでやすい

・運動量、頻度、期間については不明瞭である

腰痛が長期間(3ヶ月以上)続いている方は運動療法は有効という証明がされています。
運動の内容としては
ストレッチ、筋トレ、エアロビクス、アクアビクス、腰痛体操などがありどれが一番効果的という立証はされておりませんが、腰に対する痛みが継続的な場合は動かす事を意識してみてください。

 

参照

腰痛診療ガイドライン 監修日本整形外科学会 日本腰痛学会

2016.01.15更新

おはようございます、辻堂サルビア整骨院の小泉です。

今回は腰痛についての疑問について回答したいとおもいます。

前年齢性差なくお悩みの方が多いのが腰痛です!

腰痛の治療に安静は必要か?
・安静は必ずしも有効な治療法とはいえない

・ぎっくり腰などに対しては痛みに応じた活動を行う事でベッドなどで安静にするよりも痛みを軽減しやすい

・職業性腰痛でも痛みに応じた活動によりより早い回復がみこめる 

腰が痛いから安静にしていようではなく“動ける範囲”で出来る限り動いていた方が痛みの軽減は早いです。しかし痛みがひどく動く事が困難な場合は痛みがある側を上にして横向きで寝る事が腰に負担が加わりにくいです。

 

参考:日本腰痛学会より抜粋