BLOG

2016.09.28更新

こんにちは、阿部です。

前回は四十肩・五十肩に対する

セルフケアを紹介しました。

今回は腰痛に対するケアを紹介します。

 

一言に腰痛と言っても

前にかがむと痛い人後ろに反ると痛い人

どちらに倒しても痛い人など様々ですが

今回は前にかがむと痛い人におすすめの

ストレッチを2つ紹介します。

 

3

 

まず1つ目は、胸腰椎ストレッチです♪

背中の骨(脊椎)は、頚椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨に

分けることができます。

前にかがんだ時に最も動きが出るのが胸椎と腰椎の境目

いわゆる「胸腰椎移行部」です。

しかし、デスクワークによる長時間の同じ姿勢や

猫背の人はこの胸腰椎移行部周りの筋肉が

硬くなり動きが小さいことが多いです。

その状態で前にかがんだら、硬い筋肉が無理に伸ばされたり

背骨に負担がかかったりして痛みが出ます。

また、通常脊椎はS字カーブを描いていて

腰椎部分は前に湾曲しています。

しかし近年のスマートフォンを始め、PCなどの

顔を下に向ける姿勢が多い人は

自然と猫背になり腰痛が後ろに湾曲しやすくなります。

このストレッチは、ボールで硬くなった筋肉に刺激をあたえ

自然と腰を反らせる姿勢になります。

ボールが無い、これだと痛いという方は

バスタオルをきつめに巻いたものでも代用できます。

 

 

 

 

5

 

 

2つ目はセイウチストレッチです♪

以前は腰痛は腰を反ってはならないと言われていましたが

近年は、前にかがんで痛い腰痛はむしろ反ったほうがいいという

研究結果も出ています。

このストレッチのポイントは、息をゆっくり吐くことと

無理をしないことです。

筋肉が硬すぎるまま無理に反ると逆に痛めてしまうこともあるので

ゆっくり少しずつ角度を増やしてくださいね。

 

季節も秋に移りつつ気温も下がっているこの時期は

夏の疲れが出てぎっくり腰などになりやすいですので

お気を付けください。

万が一痛めてしまったら、当院へご相談ください。

2016.09.19更新

こんにちは、阿部です。

当院では、患者さんの症状がより改善するように

ご自宅でできるセルフケアも指導しており、

今回はその中から「四十肩・五十肩」に対するケア方法をご紹介します。

 

~四十肩・五十肩とは~

肩の痛みと動きの制限をきたす疾患で、正式には肩関節周囲炎と言います。

今までは腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども含めて四十肩・五十肩と呼んでいましたが、

最近では原因の明らかな場合は五十肩に含めないとされ、

肩に痛みと動きの制限がある、年齢が40歳以上である、明らかな原因がないという

3つの条件を満たすものを四十肩・五十肩と呼びます。

そして症状は大きく3つの時期に分けることができます。

急性期 → 痛みが強く動かせない(6週~9ヶ月)
拘縮期 → 痛みはあるが動かせないこともない(4~6ヶ月)
回復期 → 動きに制限はあるが痛みはほぼ無い(6カ月~2年)

 

基本的に発症しても1年半~2年ほど経過すれば自然と改善すると言われています。

しかし、2年も痛みと動きの制限が続くのはかなりのストレスですよね。

ですので当院では、少しでも早く痛みと動きの制限が改善するよう

低周波や超音波、鍼灸やマッサージを使って治療を行なっております。

そして下記の体操をご自宅で行うことをおすすめしています。

 

ただしこの体操は、必ず回復期に行なってください。

急性期に行なうと炎症が悪化する可能性があり、

拘縮期に行なうと再び炎症が強くなる可能性があるからです。

 

 

l

 

この体操のポイントは、肩を動かそうと意識するのではなく

身体を動かして肩を振り子の様に揺らすことです。

痛みが強い場合は、重さを変えたり回数を減らしたりと

決して無理はしないでくださいね。

 

今後もご自宅でできるセルフケアやストレッチを

アップしていきます♪

わからないことなどありましたら、

お気軽に当院へご相談ください。