BLOG

2016.10.26更新

こんにちは、阿部ですstar

今回ご紹介するのは

足関節捻挫をした後のセルフケアです。

 

スポーツをしていても日常生活でも

起こしやすい足首の捻挫bibibi

一度捻挫して足首の靭帯を伸ばすと

なかなか元には戻りません。

痛みが減ったからそのうち痛くなくなると思って

油断しほっておくと、むくんで腫れたり

膝の痛みや肩の痛み・凝りなど

他の場所の不調につながりやすく

早めの対応が肝心です。

 

まず足首の捻挫は、主に内反捻挫外反捻挫に分けられます。

内反捻挫とは、足の裏を内側に向けてしまう捻挫で

外反捻挫はその逆です。

 

↓↓内反捻挫

内反捻挫

 

↓↓外反捻挫

外反捻挫

足関節捻挫のうち約7割が内反捻挫を占めます。

捻挫をすると、くるぶしと足部の骨を繋いでいる靭帯が

強制的に伸ばされ、損傷します。

内反捻挫をすると、外くるぶし周りを

傷めることが多いです。

一度伸ばされた靭帯は元には戻りません。

代わりに周りの靭帯や筋肉が代償として

働くことにより安定性が戻ってきます。

 

捻挫をした場合は基本的に

まずアイシングをし(腫れていれば必ず!!)

程度にもよりますが、テーピングや包帯などで固定します。

昔は、痛みがなくなるまで固定するのが

通常だったようですが、

ずっと固定をしていると

筋肉を動かさなくなり筋力が落ち

回復が遅くなります。

 

そしてなりより怖いのが再負傷ですshun

一度捻挫をすると

靭帯が伸びたことにより関節がゆるくなり

また捻挫しやすくなります。

これがいわゆる「クセになる」と言われているものです。

 

当院では、必要な範囲の固定をし

痛みが減ってきたら

足首周りを鍛えるトレーニングを

指導していきますlight bulb

 

足関節

 

このトレーニングは、捻挫だけでなく

アキレス腱断裂の手術後のリハビリ

ご年配の転倒防止にも

効果的ですglitter

 

ポイントは

ゆっくり!大きく!

たぐり寄せることです★

そして、できれば立った状態

行なってください。

 

次に、ゴムチューブを使った

ふくらはぎを鍛えるトレーニングです。

最近では、ネットやドラックストアなどで

手軽に購入することができます☆

チューブ

 用意したゴムチューブを足の裏に1週巻き付けます。

足関節

 

チューブの手前を自分側に少し強めに引っ張り、

足首を奥に倒します。

足関節

捻挫をし、通常の様に動かさなくなると

足を蹴り出す時に使われる

ふくらはぎの筋力がおのずと落ちてしまうため

このように抵抗をかけるトレーニングが有効です。

 

その他にも、壁に手をついて片足立ちになり

つま先を上げてスネの筋力を上げる

トレーニングなどもあります。

 

これらのトレーニングを

日々積み重ねることで

より足首周りが安定して

再発防止にもなりますni

 

 

今現在、過去の捻挫でお困りの方は

ぜひ一度当院へご相談くださいlight bulb

 

2016.10.19更新

こんにちは、阿部です。

本日は、肩こりの人におすすめのセルフケアを

紹介します。

 

近年、パソコンやスマートフォンが普及して

下を向く姿勢が増えたと思います。

 

首の骨(頚椎)は7個あり、本来少し前に弯曲(前弯)しています。

 

頚椎

下を向き、なおかつ猫背の姿勢になると

首の骨がまっすぐになります

頚椎

一日の間に下を向く姿勢が続くと

まっすぐのまま周りの筋肉が硬くなり

骨の位置が固定されてしまいます。

いわゆる「ストレートネック」というやつですね。

 

人間の頭はおよそ5kgあり、頚椎が前弯することによって

直接肩などに負担がかからないようにしてくれているのですが

まっすぐだと、5kgの重りが肩にそのまま負荷をかけているのと

同じになるので、肩こりになりやすくなるのです。

 

立って横から見た時に

耳の穴と肩のラインが一直線ではなく

耳の穴が前に出ているとストレートネックの可能性があります。

また、壁に背中を付けて立ち、顎を引いた時に

後頭部が壁につかないのもストレートネックかもしれません。

これらに当てはまり、肩こりがある方は

フェイスタオルを使った下のストレッチを行なうのをおすすめします。

 

①フェイスタオルを両手で持ち、首の後ろにかけます

 首

②タオルを上斜めに引っ張りばがら、頭を後ろに倒します。

首

首の力は抜いて、タオルを引っ張ったまま20秒キープ。

1日に2~5回を目安に行なってみてください♪

 

 

さらに、首周りや肩甲骨周りの筋肉が硬くなると

肩こりだけでなく

脳への血液供給が不足し

頭痛が起きやすくもなります。

日々のケアで緩和することができるので

下のストレッチもぜひ行なってみてください。

 

肩こり

 

また寝る前などに、首の後ろにバスタオルを巻いたものを入れて

仰向けになるだけでも首の前弯が矯正されるのでおすすめです。

 

肩こりや頭痛は鍼灸治療が効果的です。

慢性的に悩んでる方は是非一度

当院へお越しください。

詳しくはこちらから☆

2016.10.16更新

こんにちは、サルビア整骨院の小泉です。

 

10月も半ばとなりだいぶ朝、晩は冷え込み風邪がはやっていますので皆さん体調には

 

ご注意ください。

 

今回は当院でおこなっております、ROMリアライメントストレッチの治療事例をご紹介致します。

ROMリアライメントストレッチについてはこちら>>>

 

患者様は中学生、スポーツをおこなっており、走るとき、または走った後膝に痛みがでる、レントゲンやMRI検査をおこなっても膝の組織には異常はなく、特別転んだり、直接的な原因は思いつかないとの事。

走る際の足の向きが正常ではない事が判明し、当院にてROMリアライメントストレッチを開始。

周期:週に1回〜2回

回数:5回

計測方法:ダートフィッシュという動作分析ソフトを使用し、動画にて測定

 

膝痛

 

上記の上下の画像が計測動画を比較したものです。

上部の画像が初回ROMリアライメントストレッチをおこなう前に撮影したものです。

体重を加えた際膝が内側に入ってしまい、つま先も内側に向いてしまっています。

下の画像は5回目終了後に撮影したものです。

膝の向きは若干まだ内側へ入っていますが、つま先はしっかり正面をもいております。

 

膝の痛みも5回終了時で消失傾向にあります。

 

現在は膝の痛みの回復のため骨盤と股関節の可動域拡大を主体におこないましたが、上半身の傾き

特に右肩が下がりやすい体の使い方をしているため、今後はそちらも改善していく予定です。

 

 

 

2016.10.12更新

こんにちは、阿部です。

前回、前々回と

前屈、後屈で腰が痛む方におすすめの

ストレッチを紹介してきました。

今回は、すべての腰痛におすすめの

ストレッチ2つです。

 

1

1つ目は、仙腸関節ストレッチです♪

仙腸関節って何??と思われた方も多いでしょう。

仙腸関節とは

骨盤の後ろにある関節のことです。

あ

骨盤は、1つの骨ではなく

左右の腸骨、お尻の坐骨、真ん中の仙骨からなっています。

この、腸骨と仙骨の境目が仙腸関節です。

この関節は、身体にある関節と違って

可動域がとても小さいです。

しかし、お尻周りや腰周りの筋肉が硬くなると

さらに可動域が小さくなりほぼ動かなくなります。

動かなくなると、骨盤全体の動きが硬くなり

腰椎やお尻周り、腰周りへの負担が大きくなります。

 

このストレッチのポイントは、ボールをしっかり仙腸関節に

充てがうことが大切です。

下すぎると意味がないですし

上すぎると逆効果になってしまいますので

自分の尾骨を確認し、仙腸関節を見つけてくださいね♪

 

2

2つ目はひねりストレッチです♪

このストレッチはみなさんも見たことがあるのでは

ないでしょうか?

腰周りの筋肉を伸ばすストレッチですが、

ポイントは、捻る方とは反対に

しっかりと横向きになってから

身体を捻ることです。

大抵は、仰向けの状態から捻ることが多いですが

横向きになってから捻ることで

ストレッチされる範囲が広がり

より伸ばされます。

そして、捻る側の膝が

床から離れないようにするのも

ポイントです♪

 

自分の症状に合わせて

組み合わせて行なってみてくださいね☆

 

2016.10.05更新

こんにちは、阿部です。

前回は前屈すると腰が痛む方におすすめの

ストレッチをご紹介しました。

今回は、後ろに反ると痛む方におすすめの

ストレッチを2つ紹介します。

 

6

1つ目は、土下座ストレッチ

 

腰を後ろに反った時に痛む人は

腰周りの筋肉の柔軟性が落ち

筋肉や背骨などに負担がかかりやすいからです。

このストレッチは、腰だけでなく

お尻や肩周りの筋肉も伸ばせるので

おすすめです。

あまり伸びている実感がない場合は

お腹に丸めたバスタオルを挟むとより伸ばされ

実感できると思います☆

 

7

 

2つ目は股関節ストレッチです♪

腰と股関節は密接な関係にあります。

股関節が固いと

骨盤を介して腰の動きも小さくなります。

歩くときの歩幅も小さくなり筋肉を使わなくなってしまいます。

このストレッチのポイントは

かかとをしっかり太ももの付け根につけることです。

靴下を履いていると滑るので

裸足で行なうのをおすすめします☆

 

次回は、すべての腰痛におすすめの

ストレッチを紹介します♪