BLOG

2016.11.22更新

当院によるサーフィンによる障害統計

 

サーフィン障害統計
当院にて開業から現在までのサーフィンによる外傷部位の統計をおこないました。結果は腰への痛みを訴えている患者さんが最も多いという結果となりました。
逆にサーフィン中にて突発的なケガ、例えば板から降りた際浅瀬に気づかず足を捻挫した、やサーフィン中にぎっくり腰になったなどのケガよりも以前から“違和感などはあったがパドリングやテイクオフなどサーフィンをおこなう事で痛みなどの症状がでた”といった障害が多いと感じます。
また、上級者になればなるほどケガの重度は高くなっている傾向にあります。
やはりサーフィンという競技特性上体幹に負担をかけるのは大きいという事がよくわかります、しかし当院での結果ではヘルニアや分離症など腰や首の骨の大きな外傷へ移行しているケースは少なかったです。
そのため、サーフィン前後のストレッチなどのケアをしっかりおこなう事で予防、改善出来る可能性は大きいと考えております。
これから寒くなり筋肉も硬くなりやすくなるうえにウェットスーツの厚みも増す事で筋肉に対する負担は大きくなると考えられます。
サーフィンをおこなう前のストレッチやその後のケアを出来るだけおこなってみてください。

2016.11.02更新

こんにちは、阿部です。

本日は、肩甲骨が硬い肩が凝る肩甲骨の内側が張る

などの症状でお困りの方に向けた

ストレッチをご紹介します。

 

まず、肩甲骨はどんな動きをするのかというと

①挙上

②下制

③外転

④内転

⑤上方回旋

⑥下方回旋

の6つの動きをします。

 

肩甲骨

これらは、筋肉が正常に働くことによって

起こる動きですが、

普段、長時間のデスクワークやスマートフォン、

猫背の姿勢で生活していると

肩甲骨が開いたまま(外転)

筋肉が硬くなってしまいます。

 

肩甲骨は、上腕骨と関節を作っていて

肩甲骨がしっかり上方回旋することにより

腕が真上まで上がります。

しかし、肩甲骨が開いたまま腕を挙げようとすると

上方回旋時に使われる筋肉が引っ張られ

働かなくなり、真上まで上がりません。

この状態で、無理に腕を挙げようとしたり

日常生活を送ると、肩を無理に持ち上げたり

本来補助として働いてる肩・肩甲骨周りの筋肉が

必要以上に働き、筋緊張をもたらします。

 

さらに、猫背の姿勢は肩の上の筋肉を強ばらせ、

肩甲骨内側の筋肉を引っ張った姿勢なので

おのずと肩が凝ったり、肩甲骨内側が張ってしまうのです

 

ですので、下記の肩甲骨ストレッチを行ない

凝り・柔軟性を改善しましょうnote

 

 

肩甲骨

 

できる方は、寝た時に腕を上に挙げると

より当たる範囲が広がり効果がアップしますglitter

夜寝る前にできるストレッチなので

ぜひ試してみてくださいねnico

 

このストレッチだけでは足りない!!

もっとしっかり緩めたい!凝りを取りたい!

という方には、鍼灸治療をおすすめします。

硬くなった筋肉にだけアプローチするのではなく

体質による不調を取り除いていきますので

身体の内側から改善することができます♪

慢性的な肩こりなどでお悩みの方は

一度当院へご相談くださいleaf