BLOG

2017.04.11更新

こんにちは、小松ですflower2

 

先日、東京の神田まで藤本秀樹先生の「コリジョンスポーツにおける腰痛、頚部痛に対する鍼治療の実際」というセミナーに参加をしてきました!

藤本先生の専門であるアメリカンフットボールの選手に多い疾患、特に首と腰の鍼治療について色々と学んできましたnote2

 

今回は、首の疾患である「バーナー症候群」について少しご紹介したいと思います。肩の痛み

「バーナー症候群」、聞いたことない方も多いかと思います。その名前の通り、バーナーで焼かれるような痛みが首から腕にかけて走る症状が特徴ですburn

タックルの多いアメリカンフットボールで多く見られ、他のコンタクトスポーツで頭部から肩にかけて強い衝撃を受けた時に発症します。

 

症状は一時的なもので、すぐ消えるか長くても1時間以内には回復する為、そのままプレーを続行できることが多いです。

 

特別な治療は必要ありませんが、スポーツ後は首のアイシングをします。また、周囲の筋肉の緊張や頚椎の関節に痛みが出ることも多いため、首から肩にかけて鍼やマッサージ等で緊張を緩める施術を行うことをお勧めしますglitter

 

基本的に筋力が弱いと衝撃で首が反らされ、首の筋肉や頚椎、神経を刺激してしまいますので、筋力を強化しておくことで予防につながります。

 

 

2017.04.01更新

こんにちは、阿部ですleaf

 

早いもので3月も終わり、今日から4月ですね。

ここのところ雨が降ったり寒かったりで

の開花が心配でしたが、一昨日は晴れて暖かかったので

咲いた所も多いのではないでしょうかflower2

(あいにく昨日・今日は雨ですが・・・tears

 

さて、4月といえば新生活が始まる方や

周りの環境が変化する方が多く、

季節の変わり目でもあるので

自律神経が乱れやすくなります。

 

自律神経は循環器、消化器、呼吸器、情緒などの活動を調整する為に、

自分の意識とは関係なく常に働き続けています。

運動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経

この2つのバランスが崩れるのが「自律神経の乱れ」です。

不規則な生活やストレスによって自律神経が乱れると、

身体に様々な不調が現われます。

 

環境が変わったことによるストレスや

慣れない仕事によるストレスは

心の不調(情緒不安定)にもつながります。

ココロとカラダは表裏一体です。

心のバランスが崩れると自律神経のバランスも崩れ

より身体の不調を引き起こしやすくなります。

 

鍼灸治療は、興奮している交感神経を落ち着かせたり

上手く働いていない副交感神経を優位にさせる効果があり、

交感神経興奮させることはないという

研究結果が出ているので、

身体をリラックスさせるのにとても有効です☆

 

まだ不調は出ていないけれどストレスが強い場合、

今の時期からメンテナンスとして治療をうけると

不調を抑えられる効果が期待できるので、

興味のある方は是非一度ご相談ください♬

施術

 

 

鍼灸治療について詳しくはこちらからlight bulb