BLOG

2017.08.23更新

~症例報告~

 

10代・女性

フラダンサー

主訴症状:後ろに反った時の腰の痛み

関節可動域:後ろに反りきれない

治療コース:保険診療+1部位鍼治療

治療周期:1週間に1回

治療回数:計3回

治療効果:3回ほど保険診療のみで治療したが、痛みが変わらなかったので

本人の希望で1部位鍼治療を追加。

1回目の鍼治療後から、後屈時の痛みが半分に。

2回目の治療後はフラダンスでも日常生活でも痛み無しに。

本日3回目の治療をして一旦終了

 

幼いころからフラダンスを習っていた為か、常に反り腰状態でした。

反り腰の方は、背中の筋肉がいつも収縮している状態です。

鍼をすることで強い収縮状態を解除し

筋肉の動きをスムーズにすることで、痛みが減ってきます。

 

長年の腰の痛みでお悩みでしたら、ぜひ一度

はり治療を受けてみてください!

2017.08.16更新

~症例報告~

 

50代・男性

主訴症状:ふくらはぎ~つま先の痺れ

治療コース:保険診療+1部位鍼治療

治療周期:1~2週間に1回

治療回数:治療方法を変えてからは計10回

治療経過:以前に腰椎椎間板ヘルニアを発症。

ふくらはぎ~つま先にかけての痺れがあり

保険治療のみや時々腰・ふくらはぎへの鍼治療をしていた患者さんに、

お尻への鍼をしてみませんかと提案。

腰やお尻の筋肉の硬いところや反応がある所に鍼をして坐骨神経への圧迫を

解除するようにアプローチ。

マッサージだけの時や腰だけの鍼治療の時と比べて

痺れの強さが減り、治療の間隔が空いてもそこまで辛くなることがなくなった。

お尻への鍼をするようになってから、格段に楽になった

 

「坐骨神経痛」は腰だけでなく坐骨神経が通過するお尻にも

アプローチするとより効果が期待できます。

 

腰の痛み、太ももやふくらはぎ・足先の痺れなどでお困りの方

ぜひ一度ご相談ください。

 

2017.08.09更新

こんにちは、阿部ですleaf

 

本日、8/9は「長崎原爆投下の日」ですね。先日6日は「広島原爆投下の日」でした。

15日は終戦から72年です。

当時の事を思うと、胸が痛くなりますね・・・

 

 

ちなみに8/9ははり・きゅうの日だという事、ご存知でしたか?

語呂合わせではありますが。。。(;^_^A

ちなみに、「野球の日」でもありますね☆

昨日から甲子園が始まり、高校球児達が頑張っていますねglitter

神奈川県代表は横浜高校です!

初戦は8/11(金)に秀岳館/熊本と対戦です!

私の地元の高校なので、ぜひ頑張ってほしいですburn