BLOG

2018.06.19更新

~症例報告~

 

40代 女性

よく行なうスポーツ:ボーリング

主訴症状:右肩の痛みと右腕の痺れ

治療コース:1部位鍼治療

治療周期:1~2週間に1回

治療回数:計9回

治療効果:昨年末から右肩の痛みがあり腕に痺れが出ていて、

数回保険診療をしたのち鍼治療を提案。

2回の鍼治療で肩の痛みは消失

5回目終了時点で何もしなければ痺れは出ず、

それまでは肩と肩甲骨周りをメインに鍼をしていたが

前かがみになった時にだけ痺れが出るとのことで

6回目から側頚部にもアプローチ。

以降9回目終了時点で前かがみになっても痺れ出ず治療終了。

 

今回の患者さんは仕事内容上、腕や肩を頻繁に使う為

首の筋肉の過度な緊張に繋がったと考えられます。

腕への神経は首から出てきているため

首の筋肉を緩めることで症状の改善が期待できます。

 

腕の痺れや痛みなどでお困りの方、一度相談ください。

 

2018.06.18更新

~症例報告(YNSA)~

 

40代 女性

 

主訴:

ここ数日右肩がすごく張っていて何をしても痛みが取れない

 

コース:

YNSA(約45分)

 

治療:

頭に8本鍼を行なう

 

YNSA

 

経過:

数本鍼を打った時点で、段々楽になっていくのを実感。

治療直後は楽になった。

治療後、当日は体が重怠かった。

治療後、次の日からは肩の痛みは完全に消失。

 

 

YNSA(山元式新頭鍼療法)は座った状態で頭だけに鍼を打って全身の症状を改善していく方法です。

 

 

今回は強い肩凝りでマッサージをしても改善しなかったが、YNSAによって楽になった症例です。

 

 

何をしても取れない痛みや凝りの他、

・パーキンソン病

・脳疾患による各症状

・めまいや耳鳴り

等々、重たい症状に対して効果が期待できます

お気軽にご相談ください☆

2018.06.05更新

皆様こんにちはrabbit

気づけばもう6月、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、サルビア整骨院では、6月より新しいメニューを取り入れております!!!!

 

 

 

吸玉療法(すいだまりょうほう)

 

 カッピング

 

背中や肩、腰、足などにカップを乗せ、空気を抜くことで皮膚が吸いあがり、血行が良くなったり筋肉をほぐしていく方法です。

 

カップ

カップ2

 

 

効果として

 

血行改善

 

血液をきれいにする

 

深い部分のマッサージ効果

 

内臓の働きを活性化

 

お肌をきれいに保つ等々・・・

 

吸玉を行なうと、その後、カップを当てていた部分が赤黒くなります。

 

大体1週間前後で消失しますが、人によって血行が悪いと赤黒いのが強く出たり、そこまで悪くない部分は色がそこまで変わらなかったりします。

 

 

吸玉を受けられるコースは

 

・1部位はり

(保険治療に付けるコースになります)

 

・長いはり灸コース

(30分、45分、60分コースがあります)

 

最初は抵抗があるかもしれませんが

慣れてくると気持ちよくなりますnote

 

ご興味をお持ちの方は是非、ご相談ください♪