BLOG

2019.06.24更新

症例

 

病名:パーキンソン病

 

60代男性

 

症状:

・手のふるえ

・足が重く、歩いていると辛くなってくる

 

治療期間:

去年の10月より治療開始

 

治療頻度:

2週間に1回程度

 

鍼治療の方法:YNSA(座って頭にのみ刺鍼)と、全身の筋緊張緩和の鍼治療(寝た状態で全身に刺鍼)

 

経過:

・初診~3回目

特に体の変化はなく、軽くなった感じもしない、とのこと。

むしろ、頭に打たれた鍼が次の日に少し痛く残る感じがあり、足も怠くなった。怠いのが取れるとまた通常に戻る。

 

・4回目

頭に打たれた鍼の痛みは出なくなった。足に貼るサロンパスの量が減ったとのこと。

鍼治療後に、足が軽くなってるのを自覚

 

・5回目

近所の人から、「最近歩き方が良くなったね」と言われた

歩いていても腰が痛くならなくなった。足は疲れるけど前ほどではなくなった。

 

現在も治療を継続中

 

考察:

突発的な痛みや急性の症状ではないのですぐに結果は出ず、むしろ鍼治療後の怠さなどが残りました。

回数を重ねるうちに少しずつ「最近疲れにくくなってるかも」や、近所の人から歩き方が良くなってると言われたり、気づけば少しずつ症状が緩和されていることを自覚できるようになられました

この方に限らず、慢性症状や、特に強い症状ではないけど何となく気になる症状がある、という場合、継続的な鍼灸治療を受けることによって少しずつ体の変化が訪れます。

パーキンソン病に限らず、慢性症状がある方は是非、鍼灸治療をお試し下さい。

2019.06.18更新

雨のシーン

皆様こんにちは☆

梅雨に入り雨の日が増えましたねrain

湿気も多くなり

なんか身体が怠い・・・・

なんて方も多いのではないでしょうか?

空気中の水分量が増えると

呼吸していても

水分を含んだ酸素を吸っているので

十分な酸素を体内に取り込みにくくなります

東洋医学では

湿っぽいことによる害を

湿邪といいます

湿邪が体の中に入り

胃腸にとりつくと

水分の排出が悪くなり

体に水分が停滞するため

・身体が重怠い

・疲れが取れない

・むくみやすい

等の症状が出てきます

それらの症状を抑える為に

食事は消化の良い物を心がけることが大事です☆

また、

「足三里」というツボを刺激する事で

胃腸の働きを助けてくれます

※足三里・・・

膝のお皿の外側下のくぼみから指4本分下

鍼灸治療では

その方の症状に合わせて

他のツボも使って施術していきます

最近疲れが取れない・・・

調子があまり良くない・・・

 なんていう方は

是非一度鍼灸治療をお試しください☆

2019.06.07更新

皆さんこんにちは

サルビア整骨院の鍼灸マッサージ師、小松です☆

 

さて、前回はパーキンソン病の基礎知識について投稿いたしました

今回は具体的な症例について触れたいと思います

 

60代女性

7年前にパーキンソン病の診断を受ける

(症状)

・身体が前のめりになり、歩くときに早歩きになるため

よく転倒してしまう

 

・頭が常にボーっとしてしまう

 

(治療)

YNSAで頭に鍼。

鍼を2本くらい打った時点で気持ちよくなる

鍼を打ち終わって30分程そのままに

鍼を打ち終わった時点で眠気が強くなり

待っている間は寝ておられました

その後、鍼を抜き治療終了

治療後は頭がとてもスッキリした、とのこと

段々症状が戻ってきたが、次の日は調子が良かった様子

 

この方は遠方の為、継続治療は難しいですが

時々治療を受けられています

 

パーキンソン病の場合

頭がブヨブヨしたり固くなったりする為

頭の治療自体が気持ちいとのお声を頂いています

 

ご興味のある方は是非一度ご相談ください♪

2019.06.07更新

皆様、こんにちは☆

サルビア整骨院の鍼灸マッサージ師、小松です。

 

さて、今回はパーキンソン病の鍼をご紹介いたします。

パーキンソン病は昔こそ聞きなれない病気でしたが、

近年は芸能人がパーキンソン病だったり

周りの知り合いでも「実は私の親戚が・・・」というように

耳にすることが多くなったかなと思います。

 

そもそもパーキンソン病はどんな病気かご存知でしょうか?

パーキンソン病は特徴的な4つの症状があります

 

①振戦・・・手足がふるえる

②筋固縮・・・筋肉が強張る

③無動・・・動きがにぶくなる

④姿勢反射生涯・・・姿勢のバランスを取りにくくなる

 

この他にも、便秘、歩き始めに足が出にくい、歩くときに小刻みになる、文字を書くときに小さくなる・・・等

色々な症状が出てきます。

 

これらの症状に対し、

「YNSA」という鍼治療の方法(頭に鍼を行ない全身の諸症状を改善していく)で症状の緩和・改善が期待できます。

 

また、全身の鍼治療で身体の血流を整えたり、その方に合った運動をお伝えし、

日々の生活を少しでも楽にして頂けたらと思います。

 

パーキンソン病でお悩みの方は

是非一度ご相談下さい☆