BLOG

2018.07.29更新

こんにちは、院長の小泉です。

今回は野球肘のリハビリ方法についてご紹介します。

野球肘と一言で言っても様々な病態があります。

骨に問題がある野球肘から軽い肘の炎症の野球肘と様々です。

ですがすべての野球肘に共通することは投球動作を控えることが大事ということです。

病態によって期間は異なりますが、投球動作を控えた場合、いきなり痛みが減ったから全力で投げるというのは

リスクが高いと考えております。

そのため、痛みが減り少し投げてもいいなどと医療機関で言われた場合の野球肘の練習方法をご紹介いたします。

まずは膝立ちになります。

この状態で下半身を固定したまま投球動作をおこないます。

この際、トップの位置はしっかり利き腕の肩よりも肘が高い位置にあるかチェックしましょう!

 

そして最も悪い例として投球後体が横に流れていないか、重心の位置が投球前と後で同じ位置にいるかが重要です

野球肘リハビリ

しっかり重心の位置は中心に置いたまま投球動作を行うように意識します。

野球肘リハビリ

 

2018.07.20更新

こんにちは、小泉です。

 

まだ7月というのに連日30度越えでの猛暑が続き、ニュースでは毎日熱中症のことが伝えられています。

皆さん水分補給と睡眠をしっかりとるように心がけましょうleaf

 

当院では多くのスポーツを行っている患者さんが来院されているのですが、野球肘や野球肩の患者さんには

投球動作の確認もさせていただき、グランドでおこなうえるリハビリやトレーニングもおつたえさせていただいております。

 

野球肘や野球肩の発生は体の使い方に問題がある場合も多々あります、そのため投げ方を見直すことで野球肘や野球肩の再発防止には効果的であると考えております。

 

野球肘

 

上記の画像はバランスボールを使いながらしっかりとトップの位置を確認し、腹筋など体幹も働かせながら投球動作を確認しています。

腹筋が弱いかた、前足を高く上げた際に体がふらつきやすい方にはお勧めのトレーニングです。

2018.07.15更新

こんにちは、小泉です

 

いよいよ甲子園をかけた神奈川県大会が開催され、今年は100回記念大会ということもあり通常は神奈川県は1校しか甲子園には出場できないのですが今年は2校でられる10年に1度のチャンスの年でもあります

 

当院では8年前からサポートをおこなわせていただいており、診療後寮にお邪魔して選手たちのメンテナンスをおこなっております

野球

 

三年生にとっては最後の大会!

悔いなく終えてもらいたいです!!

2018.07.01更新

こんにちは、小泉です。

いきなり梅雨明けし一気に真夏本番となり体調を崩している患者さんが多くいらっしゃいます。

6月の梅雨明けが早いのはいいですが体には悪影響みたいですので皆さんもご注意ください。

7月にはいると中学生、高校生はいよいよ夏の大会がはじまり、最上級生に関しては最後の夏!嫌でも気合いがはいります。

当院へも中学生〜高校生が最後の大会に向けてのメンテナンスとして多く野球部の患者さんが来院しています。

先日そんな患者さんの中でファンクショナルカッピングをメンテナンスとして活用してくれている患者さんと撮影しました。

撮影してスタッフが『笑顔がないねー』というのでスタッフ二人で高校生の顔を見ると抜群の笑顔を見せてくれた一枚です♪

皆さんも最後の大会悔いが無いようがんばってください!!!!

ファンクショナルカッピング