BLOG

2019.06.23更新

おはようございます、サルビア整骨院の小泉です。

 

今回はお題のとおり、野球肘の原因についてご紹介したいと思います。

 

野球肘と一括りにいっても様々な状態があります。

 

①肘の内側が痛い

②肘の外側が痛い

③肘の後ろ側が痛い

 

簡単に分類してもこの3種類に分けられ、その中でもさらに細かく病名は分けられます。

 

しかし、原因としてはすべての野球肘にあてはまる2つがあります。

 

1つ目は使い過ぎ

 

2つ目は使い方の間違い(投球フォームに問題がある)

 

小学生の場合は公式戦などでは球数制限などがあり、ケガの予防に着手されていますが、それ以降の場合は

 

チーム状況などですべて指導者の方が判断しているため使い過ぎで故障が発生するリスクも存在します。

 

しかし使い過ぎで故障が発生する場合は球数をセーブし、しっかりとしたケアを行うことで野球肘の

 

予防や改善は早期に見込めます。

 

厄介なのは使い方の間違い(投球フォームに問題がある)状態での野球肘です。

 

野球肘は多くの場合肘の関節周囲の組織が損傷し、炎症による痛みが症状としてあらわれます。

 

そのため野球の練習(投げる動作やバットを振るなどの動作)を中止することで、損傷している組織は

 

回復し炎症もなくなるため痛みも消失し治っている状態となります。

 

しかし、根本的な原因は使い方(投球フォーム)にあるためまた再発を繰り返すケースがとても多いです!

 

そのため一例ではありますが、肘に負担がかかる投球フォームについてご紹介した動画を作成しましたので

 

下記リンクよりご覧ください。

 

動画は下記画像をクリックしてください。

 

野球肘

2019.06.22更新

こんにちは、小泉です。

 

先日高校球児で治療に通ってくれている患者さんのお父さんより

 

口コミをいただきましたのでご紹介させていただきます。

 

口コミ 野球 辻堂茅ヶ崎整骨院サルビア

 

『高校野球を始めてからすぐに肩を痛めてしまい、最初は近所の診療所に通って

いたのですが、回復がみられなかったためこちらの院へ来ました。

先生はご自身が高校野球の経験者ということもあり息子の肩を治すことだけでなく

心に寄り添って下さりとても楽しく通院できました。

治して頂いたのは肩だけでなく息子の心も・・・言い過ぎですかね(笑)』

 

とてもうれしい口コミをいただきありがとうございます。

 

高校生は実質2年半しか部活を行える期間がなく、その中でも特別な選手出ない限り

 

始めの半年ほどは基礎体力つくりに費やすため実質2年間しかありません。

 

その中でケガという他の選手とのレギュラー争いから遅れをとるという焦りの気持ちは

 

実際私も経験しているのでとてもよくわかります。

 

当院では、選手の意見を尊重した治療内容をなるべく行うように心がけています。

 

例えば、最後の夏の大会まであと2か月しかないがなんとか投げられるようになりたい!

 

といった場合、『全力での回復は困難かもしれないけど60%程度の投球なら、

 

または50球程度の投球なら間に合うかもしれない』や学年によっては

 

まだ、2年生や1年生など先の大会がある場合は『今季の大会の出場はあきらめ次の大会を

 

100%で臨める体にしよう』などの提案をおこなわせていただき、本人、親御さんともに

 

納得いただいた治療内容をなるべくご提供できるようにおこなっております。

 

もちろん、当院では手に負えないケガの状況や、投薬治療の方が効果的と思えばご説明し、すぐに精密検査などが必要な選手もいますので病院へ紹介状を記載させていただくこともあります。

 

一人でも多くの方が野球を全力で楽しめる体に一日でも早く戻せるよう今後も努力していきます。

 

2019.06.18更新

おはようございます、小泉です。

 

最近急に日差しが強くなり、梅雨明けしたんじゃないかと思うくらいの強い日差しの日が続いていますね。

 

先日、院に高校球児が最後の夏前にと来てくれました。

 

中学時代から来てくれている患者さんで、中学3年の時に

 

私が『進学どうすんの?』

ときくと、彼が『熊本と秀岳館に行きたいと思っています!』

私『えぇぇぇーーーー!!!熊本!しかも秀岳館!!!!』とびっくりしたのが早3年前、

 

その後彼は熊本に行き2年半野球を一生懸命うちこみ、今年で最後の夏の大会!!

 

体もかなり厚くなり、顔つきもすっかり青年になっていました☆

 

最後の夏!ぜひ甲子園にいってもらいたいです!!

 

がんばれ!!!!!!!!!!

 

高校球児 辻堂整骨院

2019.06.10更新

おはようございます、小泉です。

 

いよいよ神奈川県は高校野球の抽選が発表し私個人としましてはいよいよ夏が近づいてきている

 

といった感じがします。神奈川の高校野球は全国でも屈指の激戦区で毎年様々なドラマが生まれますので楽しみですね。

 

今回は投球フォームでの肩の開きについて動画にてご紹介しております。

 

投球フォーム 辻堂茅ヶ崎整骨院サルビア

 

体が開くことにより、肩が前に突っ込んだ形となり、その結果押し出すような投球フォームとなるため

 

肘や肩に負担が加わります。

 

体を開くのを注意された場合多くの方がクローズステップとなってしまい、その結果クローズになると

 

より肘や肩が出てきづらくなるため負担がかかります。

 

ステップについても動画にてご紹介しておりますので是非とも自宅で簡単に出来る方法

 

ですのでお試しください。

 

動画についてはこちら>>>