スポーツ動作分析

motion×coaching
スポーツ動作分析

 

全力で投げられる喜びをもう一度!

当院の特徴

院長の小泉です、私は2011年に当院を開業いたしました。開業前から高校生や大学生の野球部トレーナー活動をおこない、開業後も様々な野球チームのメディカルトレーナー活動を現在もおこなっております。そのため院内院外でこれまで多くの野球肘や野球肩、腰痛などの選手を治療させていただきました、その原因の多くが自分の体の使い方に問題があるということ、またそれをなかなか自覚出来ていないことが野球肘や野球肩を長引く原因と考えております。ご自身の動作を客観的に動画で見る事で現在の状態を把握し、何をどのようにするべきかをご提案致します。

科学的なアプローチの実施

基本的動作をビデオカメラで撮影し、動作分析ソフトを使用して解析していきます。どのようにすれば力が発揮できるのか、体をスムーズに動かすには何が必要なのかなどを、必要に応じてご説明致します。

野球に特化したサポート内容

私自身が学生時代に熱中していたこともあり、野球には人一倍「熱い想い」があります。また、ほかのスポーツと異なり、複雑な動きを必要とするのも、この球技の大きな特徴です。ピッチングやバッティングの場面で、効率よく力を加えるためにも、当院をご活用ください。

動作分析とは

体の動きを運動力学的に基づいて分析する手法で、近年、さまざまな競技のアスリートや日本代表のトップチームなどでも活用されています。携帯などのカメラの進歩により自分の動作を客観的に見る機会は昔に比べれば広く一般的となりました、しかし、自分の動作をみて実際にどの動きが野球肘や野球肩、腰痛などのスポーツ障害になっているのかを撮影したご自身の動画を基にご説明致します。

当院の取り組み

投球動作分析

どの動きが“痛み”の原因かを見極める

投球動作を分析する際に重要なのは、体の軸と、肩や肘との位置関係です。一連の動画を静止画像にして分析することにより、細かな部分まで把握できます。

4つのタイミングで、投球動作をチェック

投球動作は、以下に挙げる4つのタイミングに分けられます。
①セットポジション期またはワインドアップ期
②コックアップ期
③加速期
④フォロースルー期
とくに注意すべき点は、②のコックアップ期と、③の加速期。この部分で最も肩や肘に負担が加わり、野球肘や野球肩の原因となります。その時の体全体、肩や肘の動きはどうなのか?を詳しく分析しご説明致します。

ご利用料金について

初回3000円 2回目以降2000円