日本語の場合1printing solutions

日本語の場合2日本語の場合2printing solutions

日本語の場合3printing solutions

パーキンソン病に対する鍼灸治療の有効性について

パーキンソン病とは

パーキンソン病は脳の中にある中脳黒質という部分に対する変性によってさまざまな神経症状を引き起こす進行性疾患です。人口10万人あたり164・5人発症しており、平均発症年齢は60代ですが今後日本は超高齢化社会となるにつれパーキンソン病発症者の数はほぼ一定に対し65歳以上の人口が増加するためパーキンソン病発症者の数も増加するものと考えられます。

症状について

パーキンソン病では特徴的な症状として

・振戦、筋強剛、賽動、姿勢反射障害などの運動障害が特徴的となりますが、そのほかに

便秘、起立性低血圧、排尿障害、うつ症状、認知症、疼痛、知覚過敏など自律神経、精神症状、感覚障害など多岐にわたり症状が発生することも特徴となっており。症状のでかたは患者さんによって様々です。

パーキンソン病に対する鍼灸治療の検証

パーキンソン病に対して鍼灸治療は有効かという検証を明治国際医療大学大学院鍼灸学研究科、福田晋平ら他2名によってパーキンソン病に対する鍼治療の臨床効果による研究という論文よりご紹介いたします。

パーキンソン病患者26名に対して一定期間鍼治療を行い、運動能力、日常生活動作、精神症状などを鍼治療後と前とで測定し比較をおこないました。

その結果として、運動能力(歩行バランス、姿勢保持能力、モモの筋力)が向上

うつ症状の抑制、日常生活動作の向上などパーキンソン病に対する症状の改善傾向が示されたとあります

パーキンソン病は脳からの電気信号の異常によってさまざまな症状を発生させますが、その電気信号の異常を抑制する効果が鍼治療にはあるという研究結果となります