日本語の場合1printing solutions

日本語の場合2日本語の場合2printing solutions

日本語の場合3printing solutions

サーフィンの中で腰痛の次に多い障害が肩の痛みです。

ここではサーフィンによる肩の痛みについてご紹介致します。

サーフィンによる肩痛とは

サーフィンによる肩痛はパドリングによる影響がほとんどです。サーフィンは競技特性上パドリングしている時間と波待ちしている時間が大半となります。実際に波に乗り板の上に立っているのは全体の5%そのため、パドリングを無理な姿勢で繰り返すために肩の関節に炎症を来たし痛みが発生します。ここではサーフィンの肩障害で最も多く大半を占めている“インピンジメント症候群”についてご紹介致します。

サーファーを悩ませるインピンジメント症候群とは

インピンジメント症候群とはインピンジメント=衝突・挟まれるという意味を持っており、筋肉が自分の骨によって挟まれるまたは衝撃を与えられる事で炎症を来たし痛みを発生させるというケガの事です。

では具体的にどこの部分が損傷しているのか?

下記画像にあります、黄色い部分の筋肉を棘上筋といいます、この筋肉が衝突または挟み込まれる事によって肩に痛みを発生させています。

また、肩甲骨の動きが悪い事で肩関節へ負担を加えインピンジメント症候群にもなりやすいと考えられます。通常肩甲骨は腕を前や横へ挙げるとき一緒に稼動しているのですが肩甲骨が固いために肩関節のみで腕の動きをおこなうために肩へ負担が加わり障害を発生させます。

この3つがあてはまる方は危険信号

・普段デスクワークで肩が凝っている

・サーフィンの前に準備運動をしない

・肩甲骨が固い

上記の三つにあてはまる方はインピンジメント症候群になりやすいとかんがえられます。

一番重要な部分は肩甲骨の動きです。パドリングの時には必ず肩甲骨が動きます、しかし肩甲骨の動きが制御されていて、尚かつ普段デスクワークなどで肩甲骨や首の付け根部分などの筋肉が緊張していることでより肩甲骨の動きを制限し肩に負担を加えます。

 

サーフィン前簡単準備体操(肩編)