日本語の場合1printing solutions

日本語の場合2日本語の場合2printing solutions

日本語の場合3printing solutions

坐骨神経痛でお悩みなら白川式鍼灸治療

坐骨神経とは

腰から出ている神経でお尻、太もも、ふくらはぎにかけて通っている神経です。体のなかで一番長く、太い神経で筋肉を動かす働きをしています

坐骨神経痛とは

臀部の痛み・しびれ、太ももの痛み・しびれ、ふくらはぎの痛み・しびれなど人によって症状は様々で、腰痛が伴う場合もあります。

腰椎と腰椎のお間にあるゼリー状の髄核というのが何らかの原因で飛び出して神経を圧迫してしまう腰椎椎間板ヘルニア、背骨の真ん中を通っている脊柱管の腰部の部分が何らかの原因で狭まって神経を圧迫してしまう腰部脊柱管狭窄症、お尻にある梨状筋という筋肉が硬くなり神経を圧迫してしまう梨状筋症候群などが原因で起こるとされています。

白川式坐骨神経痛治療とは?

福岡を中心に活動されている白川先生という鍼灸師が編み出したもので、比較的新しい治療法ですが、とても効果の高い治療法です。

特徴としては、鍼治療時に感じる独島のズーンという響き感(得気)を伴わせながら、痛みのある腰や殿部・下肢だけでなく首や肩、背中ルートというのを狙って細かく鍼をし治療していきます。

ヘルニアや狭窄症が原因であっても、首や肩、背中に問題がある故にヘルニアなどになりやすくなり、結果的に坐骨神経痛を呈してしまう事も多くあるからです。

また、臀部への治療は特に細かく行なっていきます。

坐骨神経は臀部の奥深いところにあります。そして臀部には大小さまざまな筋肉があり、筋肉は連動して動いています。

坐骨神経が通ってない筋肉でも、硬くなってしまうと坐骨神経が通っている筋肉にも影響を及ぼすのです。

どんな人に有効か

基本的にどなたでも受けていただけます。

ただ前述でも述べましたように得気が伴います。

敏感だったりあまり苦手な方は少しお辛いかもしれません。

ただ調節しながら治療を進めていきますので、大きな心配はいりません。

また坐骨神経痛だけでなく首肩凝りでお悩みの方も治療するにつれて楽になっていくという方も多くいらっしゃいます。

首肩凝りがあるという事は腰などにも負担がかかりやすくなっているという事です。

どのくらいの間隔で来たらいいのか

発症してから時間が経てば経つほど治りにくくなる為、早めの治療科が大切です。

また、治療回数や周期も人によってさまざまなので一概には言えませんが、目安は1週間に1回~2週間に1回、最低でも3回は受けていただくことをお勧めします。