鍼灸治療

女性鍼灸師(国家資格者)による鍼灸治療
 
生理痛・生理不順などの女性疾患やめまい・頭痛などに対する
鍼灸治療も行っております。

当院の特徴

整骨院と連携した施術

急な腰や肩、脚などの痛み・痺れなどでお悩みの場合、整骨院で原因を見つけ出し、鍼灸治療で治癒力を高めることが可能です。患部に関係する筋肉を緩めたり興奮している神経を落ち着かせ、痛みなどを緩和する効果がより期待できます。

スポーツ選手のためのトータルサポート

整骨院は西洋医学的アプローチが主となり外側〔筋肉や骨・靭帯〕に対して効果を発揮しますが、鍼灸を用いた東洋医学では、筋肉や靭帯だけでなく、身体の内側〔脈や気の流れ〕を主として試合前の精神状態や体調をニュートラルな状態に整え、当日ベストなコンディションを迎えられるよう調整いたします。

女性鍼灸師による女性のための鍼灸治療

身体全体のバランスと内臓の調子を整えることで、人間が持つ本来の姿を取り戻します。「お尻あたりが痛いけど男性にはちょっと…」「婦人科疾患は男性には相談しづらい」などのお悩みを解消致します。お気軽にご相談下さい。

鍼灸治療とは

気とツボ

日本語には、「やる気」「元気」など、「気」の付く単語がたくさんあります。「気を入れる」「気が抜ける」などの言葉も同様です。

鍼灸では、こうした「気の通り道」が人体にあり、血液のように全身を巡っていると考えます。

これを「経絡(けいらく)」と呼びますが、血管のように目に見えるわけではありません。

また、「経絡」上には、無数の「ツボ」が存在しています。

これらのツボを「経穴(けいけつ)」と呼び、全身に360カ所以上も存在しています。

 

ツボの効果

360個以上の「ツボ」にはそれぞれに役割があり、患者さんと症状によってツボを組み合わせることにより治療を行っていきます。

同じような症状でも、患者さん一人一人体質が違う為、選ぶツボも変わってきます。

またスポーツは全身を使う運動なので、例えば膝が痛い場合も膝に原因があるとは限りません。

肩こり・腰痛も痛みのある局所の筋肉だけが問題なのではなくストレスによる自律神経の失調や内臓の疲れ、日頃の姿勢などが原因であることも多いです。

鍼灸治療は一人一人に合ったツボを選び組み合わせ、全身を流れる気や血液の滞り、自律神経や内臓の働きなどを身体の内側から改善することで痛みや日々感じる不調を取り除くことができます。関連するツボは全身に存在するため、肩や腰の症状に対して、顔や頭、足など離れたところにあるツボに鍼やお灸も行います。

鍼灸の効果

そもそもなぜ鍼や灸による刺激を与えると、症状の改善が見られるのでしょうか。

局所的な反応であれば「筋繊維や神経線維に微細な傷が付くことで白血球や血流などが増加し、人体の修復機能が高まる」からです。

全身的な反応だと、「鍼刺激が神経の情報として脳へ伝達され痛みを抑えるホルモン分泌の促進や、自律神経のバランスをコントロールする」からです。

また、東洋医学的観点では、「気の流れが整うことで、体本来の調子が戻る」や人間が本来持っている「自然治癒能力」を上げることにより「自分で自分を治す力が高まる」という考え方をします。いずれにしても鍼灸は、国家が認める治療法です。

 

運動をしたくても痛みがあるからと諦めていたり、慢性的な肩こり・腰痛だからといって我慢していませんか?

その痛みや不調を鍼灸の力で改善できるかもしれません。

当院の取り組み

鍼灸治療に向いている症例

WHO(世界保健機構)では、鍼灸治療は、運動器疾患・神経疾患・消化器疾患・呼吸器疾患・循環器疾患・内分泌疾患・婦人科疾患・小児科疾患・眼科疾患・耳鼻咽喉科疾患など様々な分類に適応すると認定しております。

適応でない疾患もありますが、鍼灸の普及と共に今後も増えてくるものと思われます。

また、外傷全般の治りを早くすることが期待できます。血行を促進する働きがありますので、より多くの栄養分が患部に届き、治癒力が高まるのです。ただし、激しい痛みを伴う外傷や骨折といった場合は、まず、一般医院の診断を受けることをお勧めします。その上で、鍼灸治療と併用することも可能です。

鍼灸治療ならではのメリットは、実は「体質改善」にあります。更年期障害や生理不順といった西洋医学ではアプローチが難しい諸症状でも、一定の効果が望めます。なかなか改善が見られないという場合、発想を切り替えてみてはいかがでしょうか。

はり灸実績 / 症例報告

施術の流れ(実費鍼灸治療)

1問診

 

初めに問診票に現在辛い症状や場所、お身体の状態や既往歴、体質などについて記入していただき、それを基に、いつから辛いのか・どうすると辛いのか・どうしたら楽になるのか・どんな体質なのかなど、詳しくお話をお伺いします。

 

2診察・検査

 

主訴に基づき、脈診・腹診・背診などの東洋医学的な診察や、必要であれば整形外科的検査を行ない、身体の状態や体質、痛みや不調を引き起こしている原因を探っていきます。

 

3施術

 

診察で得た情報を基に、ツボを選択し鍼を打ったりお灸をしていきます。

基本的に鍼は痛くありません。

まれに毛穴に当たったりするとチクッとする場合がありますが、すぐに打ち直しますのでご安心ください。

また、鍼を筋肉内に刺入していくと、独特のズーンという響くような感覚があります。

あえて響かせる治療法もありますが、患者さんに合わせて治療していきますのでご安心ください。

4調整

 最後に動きによる痛みや可動域などを確認してもらい、必要であれば調整の鍼をします。

今後の治療計画や次回の来院日をご相談して終了です。

鍼灸師スタッフ

鍼灸師 竹内 希(たけうち のぞみ)

<治療の特徴>

脈の速さや強さ、お腹の張りや硬さを診て、内臓の状態、体内の水分の過不足、熱や冷えは正常かなど、内側からの情報と患者さんの訴えを細かく問診し、全体の状態を把握します。

その上で、主訴症状の動きや痛み、張りの部位を確認し治療します。

内側からの情報を治療に取り入れることで、身体全体を元気にしながら主訴を取り除いていきます。

不快な痛い治療はしません。

患者さんを100%に考え、1人1人に合った治療の提供を心がけて施術していきます。

鍼灸、あん摩マッサージ指圧師 阿部 汐織(あべ しおり)

<治療の特徴>

問診票に沿ってお話を伺い、いつから辛いのか、なぜ痛くなったのか、今現在の状態はどうなのかなど、施術前の状態をしっかり確認します。

私の治療法は、極力少ない本数の鍼で痛みが少ない「Acu Zone Treatment」と言う、鍼灸治療が初めての患者さんでも受けやすい治療と、痛みを引き起こしている筋肉や腱などに対してあえて響かせて細かいところまで鍼をする治療と、それぞれを組み合わせた治療とがあり、患者さんごとに変えて治療しています。

鍼をした際に感じる独特のズーンと響くような感覚は、好きな人もいれば苦手な人もいます。

その為、どんな患者さんでも鍼を受けてもらいたく、2つの方法を用いています。

もちろんどちらも根本改善を目指して行っています。

私は、鍼灸の力で少しでも多くの人が痛みやストレスなどから解放される様、根本治療を目指して施術いたします。

以前に受けた鍼が痛かった・響く感覚が苦手という方でも安心して受けられるよう心をこめて治療いたします。

鍼灸、あん摩マッサージ指圧師 小松 久未子(こまつ くみこ)

〈治療の特徴〉

まず初めに、問診をじっくり行ない、その人の現在の状態を把握していき、それから治療に入っていきます。

私が行なう治療は「長野式治療」と言って、身体の色々な所、特にお腹から反応点(圧痛や硬いところ)を探し、身体のどこかで炎症していないか、滞りはないか、エネルギー不足になっていないか等、色々と読み取っていきます。

そして、それらの反応点に対応するツボに鍼やお灸をして反応を消していきます。

そうすることで、本来持っている身体の自然治癒力を上げていきます。

それから局所の痛みやコリにアプローチする事で、より症状を改善しやすくしていきます。
鍼やお灸が怖いという方も安心して受けられるように刺激はその方に合わせて行ないます。
痛みやコリだけでなく、食欲不振や不眠、その他様々な症状にも対応しておりますので一度お試し下さい。

料金(保険外診療)

初回お試し60分        (問診15分 施術45分) ¥3000
30分(上半身or下半身) ¥3000
45分 ¥5000
60分 ¥6000
置き鍼 4枚 ¥200
局所治療 1部位 ¥800(別途整骨院での治療代がかかります)