日本語の場合1printing solutions

日本語の場合2日本語の場合2printing solutions

日本語の場合3printing solutions

その痛みあきらめていませんか?

パーキンソン病や脳梗塞後遺症などの神経症に高い実績がある

YNSAを一度お試しください。

 

YNSAとは

山元式新頭鍼療法、通称YNSAは1967年に日本人医師の山本敏勝氏が考案した治療法です。1973年に山元氏が初めてYNSAを発表し、1960年代後半に中国で開発された中国式頭鍼療法と区別するため、頭文字に「新」をつけています。日本では最近少しずつ浸透してきていますが、海外では非常に高く評価されており、ドイツを始め、アメリカ、オーストラリア、ブラジルなどで広く普及しています。

YNSAの特徴について

YNSAの1番の特徴は、頭に鍼をして主症状を改善していくというやり方です。また、副作用がなく、あらゆる治療法とも併用可能です。薬やほかの代替医療との併用も問題ありません。更に鍼を打つ場所が頭なので、患者が座ったまま行うことが出来、服を着脱する必要がなく、楽に受けられます。

何故当院ではYNSAを取り入れているのか?

きっかけとしては、医道の日本という治療家向けにだしている機関誌の広告でYNSAのレクチャーDVDを取り寄せて見たのが始まりです。もともと頭での治療に興味があり、その後研修会などに参加し今まで自分が行っていた鍼灸治療方法では対応でき無ような疾患でもYNSAならば対応でき、また寝違えやぎっくり腰などの症状で治療を行わせていただく場合、従来の鍼灸治療ならば、仰向けやうつ伏せ、横向きなど体を動かしていただくことがあるのですが、その際痛みを伴うケースがほとんどです。しかしYNSAならば座ったままの状態で治療を行うことも患者さんに負担をかけない大きなメリットと感じ取り入れています。

このような症状や疾患でお悩みの方はご相談ください

・パーキンソン病

・脳梗塞後遺症

・脳性神経性疾患

・リウマチ症

・繊維筋痛症

・痺れなどの神経症状

・寝違えやぎっくり腰など動作が困難な症状

実際にYNSAを治療させていただいてみて

何故痺れなどの症状が出ているのか原因不明の症状が改善したり、通常の東洋医学の鍼灸治療でアプローチをおこなっても症状の改善変化が出ずらかった患者さんに対してもYNSAでアプローチすることでその場で症状の改善変化が実感としてはでました。

治療の流れについて

判断した状態に基づき頭の治療点にはりを打っていきます

座った状態で首、腕などを触診し状態を確認させていただきます

そのまま置きます(30分)
   鍼を置いている間は本を読んだりすることが出来ます。
   可動域制限の症状がある方は、置いている間に運動をしてもらうことがあります
    例)肩が上がらない方・・・肩を上げる運動

30分後全てのはりを抜き終了となります

なぜパーキンソン病など脳疾患にYNSAは効果があるのか?

現段階で理論上なぜパーキンソン病などの脳性疾患に対して効果が得られるのかは理論的には解明されていません。そのため山本医師を基に、頭のどの部分に鍼治療を行うことでどのような症状が改善されるといった形の臨床データを基にYNSAは日々進化しています。パーキンソン病は進行性の疾患のため現段階の医学では進行をストップさせるものは開発されていません、しかし進行スピードを減少させることや、パーキンソン病や脳性疾患などが原因となってる症状の減少などはYNSAで可能であると当院では考えております。

料金について

45分 1回5500円/税込み